【車中泊に】日産のNV350キャラバン 「マルチベッド」が登場 左右跳ね上げ可能 キャンピングカー/テレワークにも

2020.09.24

サマリー

日産NV350キャラバンに、「マルチベッド」が登場。車内泊も可能なベッドを装備。左右跳ね上げ式なので、積載性にも配慮されています。テーブルのオプションも用意。テレワークの仕事場としても使えます。

車内泊、リモートワークに

キャンピングカーへの関心が高まっている昨今、人気のあるベース車両の動向にも注目が集まっている。ここでは、日産が「NV350キャラバン」の仕様向上を発表したのでご紹介したい。

今回の一部仕様向上は、NV350キャラバンのワゴン・タイプが対象だが、これに合わせてバン・タイプに「マルチベッド」が新設定されている。

NV350キャラバン・マルチベッド
NV350キャラバン・マルチベッド

まずワゴンの方は、快適で広い10人乗りタイプだが、エンジンの一部改良が行われた。環境性能を高めるためのアップデートだという。

そして、バンに設定された「マルチベッド」は、日産の関連会社であるオーテックジャパンから発売されるもの。

荷室スペースに左右跳ね上げ式のベッドシステムと硬質なフロアパネルを装備したことで、車内で快適に過ごすための機能を有することになった。休憩・宿泊にも向いているうえ、ベッドは跳ね上げて収納できるので積載性も兼ね備えているのが特徴だ。

ベッドは荷室全面にわたって展開できるほか、左右に独立させた状態での使用も可能。これにより、左右のベッドをベンチとして用いれば、オプションのテーブルと組み合わせて使うこともできる。

日産は、「アウトドアスポーツや大きな機材を使用する趣味に、さらには、テレワークの仕事部屋としてなど、使用シーンに合わせてさまざまなアレンジが可能です」と説明している。

NV350キャラバン・マルチベッドの価格は、340万3400円〜432万3000円となっている。

 

人気記事