日産NV350キャラバン リコール届出 エンジン制御コンピューター不具合 約11.4万台対象

公開 : 2022.12.02 14:25

日産は、NV350キャラバン、いすゞコモ計11万4115台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出ました。

いすゞコモも対象に

日産は、2022年12月1日付で、日産NV350キャラバン、およびOEMモデルのいすゞコモ(2012年6月16日~2021年12月24日製造)計11万4115台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

国土交通省によると、エンジン制御コンピューターにおいてOBD診断の警告灯点灯の設定が不適切なため、特定の診断項目で異常判定時に警告灯が点灯しないおそれがあるという。

日産NV350キャラバンの一部機種が対象
日産NV350キャラバンの一部機種が対象    日産

改善措置として、全車両、エンジン制御コンピューターのプログラムを修正する。

日産社内からの情報提供によりリコール届出となった。

記事に関わった人々

  • 編集

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事

 

日産 NV350の人気画像