【毎日乗れる4シーターGT】 フェラーリ456GT/456M GT 英国版クラシック・ガイド 後編

公開 : 2020.10.31 16:50  更新 : 2020.12.08 08:40

フェラーリ456GTのまとめ

比較的手頃に乗れるフェラーリの1台が、456GTだといえる。費用のかかる不具合は少なく、驚くほど高額になる修理も起きにくい。電子制御技術が複雑になる前の時代のモデルでもある。

取引価格は、フェラーリにしては身近な部類。英国では、専門ショップが年間1000ポンド(14万円)ほどで、長期的な定期点検を受けてくれる。

フェラーリ456GT/456M GT(1992〜2003年/英国仕様)
フェラーリ456GT/456M GT(1992〜2003年/英国仕様)

簡単なメンテナンスなら自分でしても問題ないだろう。探すなら、過去の整備記録の内容を見て、状態の良いものを選ぶことが先決だ。

良いトコロ

空力に優れた、控えめで美しいボディ。シンプルなメカニズム。信頼性は高く、前のオーナーが定期的な世話を怠っていなれば、維持費が膨大に膨らむことは少ない。

良くないトコロ

2010年前後で取引価格が安くなり、一部のクルマはぞんざいな扱いを受けている。選ぶ際は注意したい。

フェラーリ456GT/456M GT(1992〜2003年/英国仕様)のスペック

価格:新車時 16万1143〜16万7018ポンド
生産台数:3289台
全長:4730-4763mm
全幅:1920mm
全高:1300mm
最高速度:297-310km/h
0-96km/h加速:5.1〜5.4秒
燃費:3.5−7.1km/L
CO2排出量:−
乾燥重量:1770-1823kg
パワートレイン:V型12気筒5474cc自然吸気
使用燃料:ガソリン
最高出力:442ps/6250rpm-448ps/6250rpm
最大トルク:54.9kg-m/4500rpm-55.8kg-m/4500rpm
ギアボックス:6速マニュアル/4速オートマティック