【仕様向上しつつ値下げも】日産リーフ 改良新型、イギリスで発表 グレード展開・装備見直し 競争力強化

2020.10.29

サマリー

日産リーフがイギリスで仕様向上と値下げを受け、改良新型になりました。グレード展開を見直し、装備を追加しつつ価格を抑え、ライバルとの競争力をアップ。現在、英国では前年と比べて販売台数を大きく伸ばしています。

最上位モデルを大幅に値下げ

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

日産のイギリス法人は、リーフの改良新型を発表した。仕様を向上しつつ、価格を改定して競争力を高めている。

イギリス仕様で最上位グレードに位置するテクナは、40kWhバッテリー搭載モデルで3万160ポンド(411万円)から、62kWhのe+で3万4710ポンド(473万円)からとなっている。改良前と比べて、1685ポンド(23万円)の値下げを実現した。

日産リーフ(イギリス仕様)
日産リーフ(イギリス仕様)    日産

標準のリーフはアセンタ、N-コネクタ、テクナの各グレードで選択できる。リーフe+はN-コネクタ、N-テック、テクナで選択可能だ。

N-コネクタにはブラインド・スポット・モニターとステアリングのテレスコピックが追加された。また、eプラスも今回初めて設定され、価格は3万2695ポンド(446万円)からとなっている。

テクナは、中間グレードのN-テックとの価格差が1415ポンド(19万円)に縮まり、「ライバルに対して非常に競争力のあるグレード」に位置付けられている。

また、運転支援機能プロパイロットの価格を値下げし、より選びやすいものにした。N-コネクタではパッケージ全体で145ポンド(2万円)、テクナでは駐車支援機能が295ポンド(4万円)安くなっている。

カメラを使って後方を映し出すインテリジェント・リアビュー・ミラーはテクナに標準装備となった。N-コネクタにも395ポンド(5万円)で追加できる。

パワートレインの変更はなく、40kWhモデルの航続距離は270km、62kWhモデルは385kmとなっている。

リーフの販売台数は、英国では2020年の当初9か月間、前年同期比で約56%の増加となっている。日産は今回の改良について、好調な販売台数に続き、「モデルの競争力を向上させる」機会を得たとしている。

 

人気記事