【最後の1ピース】決定版か? メルセデス・ベンツGLB 200 d試乗記 走り/価格/運転支援を検証 ヒットの予感

公開 : 2020.12.27 18:25  更新 : 2021.10.09 22:33

メルセデス・ベンツGLB 200 dの試乗記。GLBはGLAからGLSまであるメルセデスSUVの最後の1ピースです。大ヒットの予感と筆者。

メルセデスGLB 200 d どんなクルマ?

photo:Hidenori Hanamura(花村英典)

すでにBクラスは存在し、GLAGLCは2代目へと代替わりしている。

となればこのクルマの登場を予測するのは容易だ。

メルセデス・ベンツGLB 200 d
メルセデス・ベンツGLB 200 d    花村英典

GLBに多くの視線が注がれる理由は、CセグメントのSUVこそが日本におけるジャストサイズであり、プレミアム・コンパクトSUVは今まさに旬のカテゴリーだからである。

GLBとほぼ同時にデビューしたGLAもセグメント自体は一緒だが、こちらは車高があまり高くないクロスオーバーSUVとなっている。

だがGLAと同じくMFAプラットフォームを使用するGLBは背の高い完全なSUVスタイルとなる。

GLAとの最も大きな違いは標準で3列目シートが備わる7シーターになっている点だ。このためGLBの寸法はホイールベースで100mm程度、全長で200mm弱、GLAより延長されている。

今回試乗したGLB 200 dは横置きの2L直4のディーゼル・ターボと8速のデュアルクラッチ式ATを組み合わせたパワートレインを搭載しており、前輪を駆動する。

上位モデルのGLB 250 4マティックは2Lのガソリン・ターボで4駆となっている。

AUTOCARではGLBの高性能版であるAMGモデルの試乗記も載せているが、とりあえず日本市場ではディーゼル2駆とガソリン4駆というわかりやすいラインナップからスタートを切っている。

意外! しっかり使える3列目シート

前からの見た目はボルボXC40にも似た、ボクシーだが柔和な雰囲気。一方のリアはGLC~GLSで見慣れたメルセデスSUVの流れを汲んでいる。

「コンパクト」とは思えないが、でも3列シート完備と言われると窮屈そうに思えてしまう。そこで今回は珍しくリアシートから開けてしまった。

2列目シートは前後スライドするため、2列目の足元を広く使うこともできる。一方3列目は、2列目のシートバックを倒して乗り込む瞬間こそ面倒だが、いったん座ってしまえば座面がそこそこ高く、視界もいい。
2列目シートは前後スライドするため、2列目の足元を広く使うこともできる。一方3列目は、2列目のシートバックを倒して乗り込む瞬間こそ面倒だが、いったん座ってしまえば座面がそこそこ高く、視界もいい。    花村英典

2列目シートは前後スライドするため、2列目の足元を広く使うこともできる。一方3列目は、2列目のシートバックを倒して乗り込む瞬間こそ面倒だが、いったん座ってしまえば座面がそこそこ高く、視界もいいので狭い割には圧迫感がない。

メルセデスは3列目シートを「身長168cmまでの人が安全に座れる」と定義しているが、それ以上の身長でも2時間くらいなら我慢できると思う。

もちろん3列目シートは床下に収納でき、荷室もフルフラットになるので、5人乗りでアウトドア遊びに繰り出すようなシチュエーションにも完璧に対応している。

運転席周りの眺めは今どきのメルセデスそのもの。

モニターとドライバー正面のメーターパネルが横長の1枚パネルとして構成されており、クラスを超えた高級感が漂っている。

「ハイ、メルセデス」でおなじみのMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)の仕上がりは、現状では最も進んでいると思われ、ストレスなく使うことができる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。

関連テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツの人気画像