【価格/内装は?】ホンダ N-BOX(Nボックス)/カスタム改良新型 マイナーチェンジを解説 コーディネートスタイル登場

公開 : 2020.12.24 11:30  更新 : 2020.12.24 20:29

ホンダNボックスのマイチェン車が、正式発表に。標準車、カスタムともに外観がアップデートされ、ホンダセンシングも充実。新たに、「コーディネートスタイル」が追加されています。

もくじ

Nボックス 2020年の改良とは
改良新型Nボックス 外観
改良新型Nボックス 内装
「コーディネートスタイル」とは
改良新型Nボックス パワートレイン
改良新型Nボックス 装備/ADAS/スロープ仕様
改良新型Nボックス 価格
改良新型Nボックス スペック
改良新型Nボックス・カスタム スペック

Nボックス 2020年の改良とは

text:Wataru Shimizudani(清水谷 渉)

ホンダが軽ハイトワゴンの「N-BOX(Nボックス)」の内外装デザインを刷新するとともに、その世界観を広げる「コーディネートスタイル」を追加して、25日に発売する。

Nボックスは、ホンダの新世代軽自動車「Nシリーズ」の第一弾として、初代が2011年に発売された。その後、Nシリーズは2012年にNボックス・プラスとNワン、2013年にNワゴン、2014年にNボック・ススラッシュ、そして2018年にNバンと、仲間を増やしていく。

 改良新型Nボックス(ブリティッシュグリーン・パール)
改良新型Nボックス(ブリティッシュグリーン・パール)

Nボックスは2017年に2代目にフルモデルチェンジされ、今回が初のビッグマイナーチェンジ。派生車種を含めたNボックス・シリーズは累計販売台数が180万台を突破し、登録車を含む新車販売台数においては3年連続、軽四輪車新車販売台数においては5年連続で1位を獲得している。

他のライバルメーカーもNボックスと同様の軽ハイトワゴンをラインナップさせ、さまざまな魅力を付加して挑み続けているのだが、Nボックスの牙城を崩すまでには至っていない。

そんな「日本でいちばん売れているクルマ」Nボックスが、今回のビッグマイナーチェンジでどう変わったのか、その概要を紹介していこう。

改良新型Nボックス 外観

Nボックスには、従来からノーマルモデルと、カスタムモデルの「Nボックス・カスタム」が設定されている。

今回のビッグマイナーチェンジでは、ノーマルとカスタムの違いをより明確化させるため、どちらも顔つきを中心にエクステリアが刷新された。

改良新型Nボックス・カスタムLターボ(プラチナホワイト・パール)
改良新型Nボックス・カスタムLターボ(プラチナホワイト・パール)

まずノーマルは、ユーザーのライフスタイルに馴染むことを目指し、よりシンプルで機能性を強調したデザインになった。

従来型より大きな瞳で親しみやすいヘッドライト、重心を下げることで端正で落ち着いた表情となるグリルまわり、ワイド基調で充実感を演出する品のあるロアグリルなどで、より落ち着いた表情で親しみやすい顔つきに一新。ニュートラルな親和性を強化している。

カスタムは、ユーザーのこだわりに応じられるように高級感・存在感を高めることを目指した。

アッパーグリルのメッキを強く立体化、車体を強く大きく見せるようにグリルまわりをワイド化、ライセンスプレートを中央に配置して中心からの押し出し感を強調。そして精緻なイメージを残しつつ顔の押し出しを強化している。

また、リア部にもメッキパーツを追加して背面の存在感を強調し、ノーマルとの違いを明確化させ、存在感を増幅させている。

 

人気記事