【価格/エンジン/内装は?】M・ベンツ 新型Sクラス(W223)日本発売 S500/S400 d/特別仕様車を解説

公開 : 2021.01.28 13:05

メルセデス・ベンツSクラス新型が、日本発売されました。フルモデルチェンジされた7代目の価格、エンジン、内装などを解説します。

もくじ

はじめに Sクラスがフルモデルチェンジ
Sクラス新型 外観
Sクラス新型 内装
Sクラス新型 シャシー
Sクラス新型 パワートレイン
Sクラス新型 装備
ファーストエディション
Sクラス新型 価格/発売日

はじめに Sクラスがフルモデルチェンジ

text:Kazuhide Ueno(上野和秀)
諸元情報には欧州仕様値を含みます。

メルセデス・ベンツの企業スローガンである「Das Beste oder nichts(最善か無か)」を象徴するのがSクラスである。

常に最先端を行くテクノロジーを積極的に取り入れ、自動車界に多大なる影響を与え続けてきた。

新型Sクラス(S 400 d 4マティック)
新型Sクラス(S 400 d 4マティック)

メルセデス・ベンツSクラスが属するセグメントは、BMW 7シリーズやアウディA8など、各メーカーが威信をかけて送り出した強豪がひしめく激戦区でもある。

そのSクラスが8年ぶりにフルモデルチェンジされ、7代目となるW223系へ進化を遂げた。ヨーロッパでは昨年から販売開始され、日本でも1月28日より発売となった。

新型Sクラスは官能的純粋さを追求したデザインとされ、人間を中心とした最新デジタル技術や、高度な安全運転支援の追求など、 メルセデス・ベンツならではの先進さが特徴だ。

最先端の3Dコクピット・ディスプレイやAR(拡張現実)技術を用いたヘッドアップ・ディスプレイなどが用意され、対話型インフォテインメント・システムの「MBUX」も第2世代に進化している。

それでは、日本へやってきた待望の新型Sクラスについて、詳しくみていこう。

Sクラス新型 外観

新型Sクラスのエクステリア・デザインは、プレスラインを減らし彫刻的な面で構成される。

シンプルながら存在感を放つスタイリングは、メルセデス・ベンツの新たなデザイン・トレンドを示す。空力も突き詰められ、cd値は0.22まで向上。

新型Sクラス(S 500 4マティック)
新型Sクラス(S 500 4マティック)

ラジエーターグリルはSクラスの伝統に則り、横基調で構成される所謂エレガン・スグリルを採用する。グリルは上下方向に薄くされ、その頂には「スリーポインテッド・スター」のボンネット・マスコットが備わる。

造形的にはラジエーターグリルを一段飛び出させることにより、Sクラスにふさわしい重厚感を与えている。

リアデザインはトランクフードまで伸びる横長の三角形テールランプが、Sクラスの新たなアイデンティティに。サイドのキャラクターラインから続き、テールランプ上部を左右に通るクロームラインがボディをワイドに見せてくれる。

細かな部分ではメルセデス・ベンツ初の格納型ドアハンドルが採用された。

キーを検知するとボディ面から自動でせり出す。乗降時以外は、ボディ面に格納されスタイリングの邪魔をしない。

関連テーマ