【ポップアップルーフ派に】セレナで車中泊 日産・直営店がつくるキャンパー プロパイロット/eパワー対応

公開 : 2021.01.29 06:15  更新 : 2021.01.30 21:50

日産セレナに、ポップアップルーフが付いたキャンピングカー、ご存知ですか? e-POWERも選べ、プロパイロットにも対応。日産ディーラー直営のショップで販売中。

もくじ

日産ディーラー直営キャンピングカー店
ポップアップルーフの楽しみ方は?
デイリーユースも得意 価格情報

日産ディーラー直営キャンピングカー店

text&photo:Hidenori Takakuwa (高桑秀典)

東京都・昭島で開催された「関東キャンピングカーフェスタ2021冬」に、日産ピーズフィールドクラフトが出展。

車中泊仕様のミニバン、セレナP-SVを披露した。

日産ピーズフィールドクラフトの「セレナP-SV」
日産ピーズフィールドクラフトの「セレナP-SV」    高桑秀典

日産ピーズフィールドクラフト社は、日産プリンス東京販売の直営となるキャンピングカー・プロショップ。日産車をベースに、独自の遊べるキャンパーを製作している。

セレナP-SVのベース車は、法人向けのセレナBにはじまり、Sハイブリッド車(2WD/4WD)に加えて、100%モーター駆動の「eパワー(2WD)」も選べる。

eパワー車をベースにすれば、キャンピングカーでありながら電動パワートレインのレスポンス・加速性を享受できるわけだ。

車名の「P-SV」はポップルーフ・スリーピングバージョンのことで、車体のルーフからポップアップするアッパールームは、広々としたサイズの天空部屋。

子どもたちはもちろん、大人にも嬉しい極上のプライベート・スペースとなっている。

ポップアップルーフの楽しみ方は?

注目のポップアップルーフは、ファスナーの開閉のみで、フルクローズもしくはハーフオープン(メッシュ)にできる。

風を感じながらのお昼寝や、夜の星空観測は想像するだけで楽しそうだ。

展示車両のボディサイズは、全長×全幅×全高が4770×1740×1980mm。セレナP-SVは、3ナンバー車と5ナンバー車をベースに選べる。
展示車両のボディサイズは、全長×全幅×全高が4770×1740×1980mm。セレナP-SVは、3ナンバー車と5ナンバー車をベースに選べる。    高桑秀典

また、レインカバーが標準装備なので、少々の雨であればルーフアップしても大丈夫。

座席を倒して展開するオプションのアンダーベッドを使用すれば、家族4人でゆったり過ごすことができる。サイドオーニング、マルチシェード、FFヒーターもオプションとして用意されているので、予算・用途に応じてチョイスするといいだろう。

セレナといえば、プロパイロットとともにハンズフリー・オートスライドドアやデュアルバックドア、そして、スマートマルチセンターシートを採用したことによる多彩なシートアレンジ、視界のよさなどが注目ポイントとなっている大人気ミニバンだ。

2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーでイノベーション部門賞を獲ったことでも知られ、車体が補強されており、ショックアブソーバーが太いにもかかわらず乗り心地がいい点、運転しやすいサイズである点もトピックとなっている。

デイリーユースも得意 価格情報

嬉しいことに、セレナP-SVでは前述の先進運転支援機能「プロパイロット」を選ぶことができる。

キャンピングカーなのに最新のADASでドライブできるから、普段使いも週末のロングドライブも安全に過ごせるのがメリット。

セレナP-SVの乗車定員は8名。就寝定員は4名となっている。
セレナP-SVの乗車定員は8名。就寝定員は4名となっている。    高桑秀典

また、精悍なスタイルのハイウェイスターもラインナップされている。スタイリッシュな車中泊仕様車を探している人は、最初からそちらをゲットするのが得策だろう。

今回撮影した展示車両は、ハイウェイスターVがベース。車両価格354万1000円に、サブバッテリー、遮光カーテン、FFヒーター、アンダーベッドなどOPを加えて、476万8000円という価格。

車中泊を楽しむ際のパートナーとして「セレナP-SV」をチョイスすることで、大きな居住空間、快適な就寝スペース、広いカーゴスペースが手に入る。

1つ上の快適をプラスした日産ピーズフィールドクラフト(同社が製作した車両は日産の販売店ネットワークで購入できる)の意欲作で、最高のクルマ旅を堪能してみてほしい。

関連テーマ

人気テーマ