【シトロエン・ベルランゴ】新色追加/人気の特別仕様車をレギュラー化

公開 : 2021.02.02 21:25  更新 : 2021.03.05 21:42

PSAジャパンは、シトロエン・ベルランゴにボディカラーを追加、XTRパックをレギュラー化して発売しました。

ベルランゴがアップグレード

PSAジャパンは、2021年2月1日より、シトロエン・ベルランゴにボディカラーを追加し、車両本体価格を改定のうえで発売した。

新色は「ディープ・ブルー」と「メタリック・コッパー」の2色。加えて、特別仕様車のXTRパックを人気のためレギュラーモデル化した。

シトロエン・ベルランゴ
シトロエン・ベルランゴ    シトロエン

ベルランゴは、2019年10月に日本デビューを果たし、2度のオンライン予約が5時間半で満枠となるなど、シトロエン・ブランドで人気のMPV。

今回、従来のアクアグリーンに代わり、シックなメタリック系カラーのディープ・ブルーとメタリック・コッパーを追加した。

XTRパックをレギュラーモデルとしたことにより、ベルランゴのグレードとしては「フィール」、「シャイン」、「シャインXTRパック」の3つとなった。なお、「フィール」は仕様変更をおこない、ブラインドスポットモニターを標準装備した。

価格は、「フィール」が317万円、「シャイン」が344万円、「シャインXTRパック」が354万円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事