【PHEVのSUV 3台を直接比較】BMW X3 x ボルボXC60 x ディスカバリー・スポーツ 前編

公開 : 2021.03.27 09:45  更新 : 2021.07.27 14:51

厳しくなるCO2排出規制に合わせ、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)化が進むSUV。総合力で勝るモデルはどれなのか、3台を英国編集部が比較しました。

PHEVが追加されたディスカバリー・スポーツ

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
photo:Olgun Kordal(オルガン・コーダル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
数年前に発表された、ランドeというコンセプトカーをご存知だろうか。筆者は以前、英国ゲイドンにあるランドローバー本社のロビーでランドeについての話を聞き、充実した時間を過ごすことができた。

市販車の燃費効率を向上させる技術をアピールする、ショーケース的な役割を持っていた。ランドローバー・フリーランダーくらいのボディに、ダウンサイジング・エンジンのハイブリッドと、リアタイヤ用の電気モーターが積まれていた。2006年の話だ。

白のランドローバー・ディスカバリー・スポーツ P300eと、赤のボルボXC60 T6 リチャージ
白のランドローバー・ディスカバリー・スポーツ P300eと、赤のボルボXC60 T6 リチャージ

でもランドローバーの経営陣は、その可能性を見抜くことができなかったようだ。電動化されたランドローバーの需要を、イメージできなかったのかもしれない。でも今なら、間違いなく需要がある。

そんなコンセプトカーの発表から15年。プラグイン・ハイブリッド(PHEV)のディスカバリー・スポーツ P300eが英国に導入された。遅れながらも、購入希望者が増え続けるPHEVのSUVに仲間入りすることができた。

フォードアウディも、ボルボやフォルクスワーゲンも、PHEVのSUVをすでに販売している。新しいディスカバリー・スポーツ P300eは、そんな競争の激しいSUV市場で充分なプレゼンスを持つことはできるだろうか。

さらに自動車メーカーとして、平均のCO2排出量削減に充分な効果は得られるだろうか。おそらく、どちらも可能だと思う。といっても、ディスカバリー・スポーツ P300eはランドローバー初のPHEVではないのだが。

リアタイヤは電気モーターで駆動する

ディスカバリー・スポーツは、全世界で見ればジャガー・ランドローバーのベストセラー・モデル。その中でP300eは、手頃な価格とはいえない。しかし、今回のPHEVのライバル2台よりは安い。

英国では税制面でも有利だし、優れた燃費で経済的なメリットは大きいはず。では実際に所有し、毎日運転するドライバーにとって、お財布以外の説得力をディスカバリー・スポーツ P300eは備えているだろうか。

白のランドローバー・ディスカバリー・スポーツ P300eと、青のBMW X3 xドライブ30e
白のランドローバー・ディスカバリー・スポーツ P300eと、青のBMW X3 xドライブ30e

今回は、BMW X3 xドライブ30eとボルボXC60 T6 リチャージとの3台で比較試乗を行ったが、その答えは、少しの自信を持ってイエス。スペック上で優位なだけでなく、優れたドライビング体験も得られることがわかった。

上質で応答性が良く、快適。ただし燃費はカタログ値ほど伸びない。その他大勢のPHEVと同様に、運転スタイルにも依存する。ドライバー次第、というのは少し無責任かもしれないけれど。

ディスカバリー・スポーツ P300eのPHEVシステムは、ボルボに似ている。XC60 リチャージと同様に、リアタイヤ側を駆動するのは電気モーター。四輪駆動ではあるが、基本的には前輪駆動と近い。

ランドローバーながら、メカニカル・パーマネント方式の四輪駆動ではない。他方のBMWはクラッチを用いた四輪駆動。ドライブシャフトで前後のタイヤが結ばれている。

ブランドの伝統を考えれば、大英断にも思える。そのかわりEVモードでの走行効率を高めることができる。ドライブラインの摩擦や回転ロスが大幅に低減されるためだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ランドローバー ディスカバリー・スポーツの人気画像

×