【登録車の6位に】ホンダ・ヴェゼル新型 7月は7573台登録 ライズ/ハリアー超え

公開 : 2021.08.05 12:20

7月の国産登録車の販売台数ランキングが明らかに。トヨタ勢がひしめくトップ10の6位に、新型ヴェゼルが入り込みました。

トップ10の常連になれるか?

2021年7月の新車販売における、登録車の車名別ランキングが発表された(自販連調べ:速報値)。

4月にフルモデルチェンジされたホンダヴェゼル新型は、7573台を登録。従来型のモデル末期だった2020年7月比で、258%という好結果を残す。

新型ヴェゼルで唯一のガソリン仕様となるヴェゼルG(プレミアムクリスタルレッドメタリック:写真は4WD)
新型ヴェゼルで唯一のガソリン仕様となるヴェゼルG(プレミアムクリスタルレッドメタリック:写真は4WD)    宮澤佳久

トヨタ勢がひしめくトップ10の6位に入り込み、単月の登録台数ではライズ、ハリアーを上回った形だ。

1位:トヨタ・ヤリス(2万3200台)
2位:トヨタ・ルーミー(1万4807台)
3位:トヨタ・カローラ(9242台)
4位:トヨタ・アルファード(8964台)
5位:トヨタ・アクア(7902台)
6位:ホンダ・ヴェゼル(7573台)
7位:トヨタ・ライズ(7530台)
8位:トヨタ・ハリアー(6780台)
9位:日産ノート(6657台)
10位:トヨタ・ヴォクシー(6372台)

7月の軽自動車のランキングでは、王者ホンダNボックスが1万6992台を記録。新型ヴェゼルは、6月に続き、ホンダで2番目に登録が多かったモデルということになる。

新型ヴェゼルの販売がはじまったのは、4月23日。通月販売の初月となった5月は登録車のランキングで11位に。6月は9位に入って、2か月連続のトップ10入りとなった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×