【強烈すぎる】ポルシェ・ミッションR 1088ps EVワンメイク・レースのコンセプト

公開 : 2021.09.08 01:01  更新 : 2021.09.08 01:02

「ポルシェ・ミッションR」が公開。フル電動のカスタマー・モータースポーツの未来を示すコンセプトカー。予選モードでは1088psを発揮します。

予選時は1088ps GT3カップと互角のラップ

ポルシェが、ミュンヘン・モーターショー2021で、天然繊維強化プラスチックなどの素材を用いたコンセプトカー「ミッションR」を発表した。

低く構えたスタンスからも分かるように、コンペティションを想定したEVと紹介されている。

ミュンヘン・モーターショーでポルシェAGが披露した「ミッションR」は、フル電動のコンペティションカー・コンセプト。
ミュンヘン・モーターショーでポルシェAGが披露した「ミッションR」は、フル電動のコンペティションカー・コンセプト。    AUTOCAR

そのパフォーマンス・スペックは、「予選モード」で0-100km/h加速が2.5秒未満、最高速度が300km/h超え。

電気モーターは前後のアクスルに1基ずつ配置され、同モードでフロントが435ps(320kW)を、リアが653ps(480kW)を発揮、これにより合計の最高出力は1088ps(800kW)に達する。

その電気モーターは新設計のもので、ダイレクト・オイルクーリングを備えるバッテリーセルとの組み合わせにより、レースモードでは定出力680ps(500kW)を発生。

サーキットでは、現行のポルシェ911 GT3カップと同じラップタイムで周回することができるという。

充電は、900Vテクノロジーとポルシェターボチャージャーによって、わずか15分で5%-80%の状態にすることが可能。また、最大340kWで充電することができる。

「フル電動のカスタマー・モータースポーツ」

当然CO2の低減、持続可能性にも配慮されており、そのボディは、主に天然繊維強化プラスチック(NFRP)でできているというから興味深い。その基本素材は、農業で得られた亜麻繊維だという。

このエコロジー素材は、フロントリップ、ディフューザー、サイドスカートに使用され、インテリア・ドアパネル、リアバルクヘッド、シートなど、ミッションRのインテリアにも幅広く使用された。

ステアリングコラム上のモニターには、サイドミラーカメラ、センタールームミラーカメラからの画像を表示。なおボディサイズは、全長4326×全幅1990mm×全高1190mmと発表された。
ステアリングコラム上のモニターには、サイドミラーカメラ、センタールームミラーカメラからの画像を表示。なおボディサイズは、全長4326×全幅1990mm×全高1190mmと発表された。    ポルシェAG

コクピットの注目機能は、シート右側にあるタッチディスプレイ。これを使用すると、ドライバーの生体認証データを呼び出すことができる。また、車内にある多数のカメラを使って、ドライビングの様子をライブストリーミング配信することも可能だ。

同社のオリバー・ブルーメ取締役会会長は、「ポルシェは、夢を実現する人々のためのブランドです。それはモータースポーツにも当てはまります。わたし達は、サーキットで革新的な強さを体験し、新しい道を追求する勇気を示し、オーナーにスポーツカー然とした性能で喜びを与えるのです」

フォーミュラEへの参戦に加えて、わたし達はここで、Eモビリティの次なる大きな一歩を踏み出します。このコンセプトモデルは、フル電動カスタマー・モータースポーツに対する当社の展望を示すものです。ミッションRでは、ポルシェを強くする全てのもの、つまり性能、デザイン、持続可能性が具現化されています」と、語っている。

つまりミッションRは、フル電動カーによるワンメイクシリーズの未来を示すモデル。きっとポルシェならではのエキサイティングなレースで、モータースポーツファンを魅了してくれることだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×