【どんな層が購入?】日産ノート・オーラ マーケティング予測的中 輸入車からの乗り換えも

公開 : 2021.10.12 05:45

日産ノート・オーラの販売が好調。日産のマーケティング予測は的中したようです。どんな層が購入しているのか紹介します。

高級志向 人気は上位グレード

執筆:Kenji Momota(桃田健史)
編集:Taro Ueno(上野太朗)

日産ノート・オーラの販売が好調だ。

公式リリースでは、発売から3週間後の2021年9月8日時点で「1万台突破」として、受注台数は1万0151台だった。

日産ノート・オーラ
日産ノート・オーラ    日産

その発表から1か月後の10月8日、日産はメディア向けにノート・オーラの商品企画とマーケティングに関するオンライン意見交換会を実施し、最新の受注台数を含めて、10月7日時点でのさまざまな最新情報を明らかにした。

それによると、累計受注台数は1万6870台となり、この1か月で6000台強伸びている。

グレード別構成比は、Gが26%、4WDのG FOURが7%、上級グレードで皮張りシートを採用しているGレザーエディションが46%、G FOURレザーエディションが20%となり、レザーエディションが全体の66%を占める。

9月8日発表データでは、7割を若干超えていたが、それでもオーラに対する顧客の高級志向が強いことが分かる。

エクステリアカラーでは、2トーンでは日産としての訴求色であるガーネットレッド/スーパーブラックが15%、ピュアホワイトパール/スーパーブラックが19%。

またモノトーンではピュアホワイトパールが17%で、次いでミッドナイトブラックが11%となった。
 
内装色ではGレザーエディションのうち、ブラックが79%、エアリーグレーが21%という結果となっている。

では、購買層はどんな感じか?

購買層は若い 日産の予想的中

ニスモを除いて、最も多いのが50代(28%)、次いで60代(25%)、40代(17%)、30代以下(16%)、そして70代以上(13%)という内訳となった。

日産のマーケティング担当者によると「ノートは5割が60代以上であり、ノート・オーラは確実に購買層が若い。

日産ノート・オーラ
日産ノート・オーラ

われわれの想定ユーザー層が40代後半から50代なので、ほぼ計画どおりだ」と指摘した。

また、男女比率は男性が76%、女性24%である。

もう1つ、ノート・オーラの特徴なのが2WD/4WDの購買比率だ。4WDが28%もある。

日産によれば、一般的にこのセグメントでの4WD比率は10%から15%前後といったところであり、そうした常識からみてノートオーラは4WDに対して2倍以上の需要がある。

背景にあるのが、日産が「上質さを極める次世代電動4WD」と銘打つ4WDシステムだ。

一般的にこのセグメントの4WDは、寒冷地でのいわゆる生活四駆が主流で、実際初代ノートのeパワーでは後輪駆動モーターは最大出力3.5kWにとどめていた。

それがノートならびにノート・オーラで採用した第2世代eパワーでは、ノート・オーラがノートに比べて前輪モーターの出力を上げ、ノート同様に後輪駆動モーターは50kWまで引き上げた。

こうした電動4WDの存在がノート・オーラのプレミアム性を引き上げ、その商品性がユーザーにしっかりと伝わっているといえる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

日産 ノートの人気画像

×