MG ZS トロフィー・コネクト・ロングレンジへ試乗 72kWhで439km 安価な純EV

公開 : 2021.12.05 08:25

中国資本のMGによる純EVクロスオーバー、ZS。マイナーチェンジ後のモデルを、英国編集部が評価しました。

72kWhのバッテリーで航続距離439km

中国のSAICモーター社傘下にあるMGは、純EVに絞った戦略を進めている。既に英国の公道を走っているMGのうち、3分の1は純EVが占めているという。

この変化の中心となっているのが、手頃な価格設定のクロスオーバー、ZS EV。この度マイナーチェンジを受け、デザインのリフレッシュとともに、新しいインフォテインメント・システムを獲得した。

MG ZS トロフィー・コネクト・ロングレンジ(英国仕様)
MG ZS トロフィー・コネクト・ロングレンジ(英国仕様)

見た目でわかりやすい違いが、フロントグリル。内燃エンジン風だったものが、バンパーと一体のテクスチャー処理されたカバー状のものへ置き換わっている。その中央で光るMGのエンブレムの横に、充電ポートがある。リアバンパーも新しくなった。

MG ZSには、3段階のグレードが用意されている。エントリーグレードがSEで、トロフィー、トロフィー・コネクトと上昇していく。

試乗車は、最上位のトロフィー・コネクト。LEDヘッドライトにパノラミック・サンルーフ、スマートフォンのワイヤレス充電機能などが標準で備わる。パーキングセンサーに俯瞰での360度カメラ映像機能なども搭載される。

試乗したロングレンジが積む駆動用バッテリーの容量は、72kWh。フル充電での航続距離は、最長439kmがうたわれる。スタンダードレンジは49kWhで、239kmとなる。

50kWの急速充電器を用いれば、最短1時間で充電が行える。英国で一般的なタイプなら、10.5時間ほどが必要だという。駆動用バッテリーの電力を外部デバイスに提供する機能が与えられ、停電時には重宝しそうだ。

クロスオーバーとして充分な動力性能

MG ZSは手頃な価格が特色となっていたが、ロングレンジ・バッテリーと最新のインフォテインメント・システムが組み合わされた試乗車の場合、英国政府の補助金を差し引いても3万1495ポンド(約485万円)へ急上昇する。オプションレスで。

上昇した英国価格のおかげで、MG ZSは、キアeニロなど、純EVの実力派モデルたちと競合することになった。航続距離という点では伍する数字を備えるが、インフォテインメント用のタッチモニターの反応は今ひとつだった。

MG ZS トロフィー・コネクト・ロングレンジ(英国仕様)
MG ZS トロフィー・コネクト・ロングレンジ(英国仕様)

少なくとも直感的に操作でき、無線通信でのソフトウエア・アップデートには対応している。アップル・カープレイとアンドロイド・オートへの対応も準備中ということで、今後のインストールに期待したいところだ。

駆動用モーターの最高出力は155ps。走行時にモーターが発するノイズが大きいものの、0-100km/h加速8.2秒と、ファミリー・クロスオーバーとしては充分な動力性能を持っている。

市街地でのMG ZSの走りはとてもスムーズ。回生ブレーキの強さは、ワンペダルドライブに近いものまで、幅広い設定が可能。高速道路での追い越しも簡単にこなせるから、自動車で長距離通勤をしているユーザーもパワートレインに不満は感じないだろう。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジャック・ウォリック

    Jack Warrick

    英国編集部
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像