500馬力のオフロードSUV ヘネシー・ヴェロキラプター・ブロンコ 米国発表

公開 : 2022.10.07 11:35

米国のチューニングメーカーであるヘネシーは、フォード・ブロンコをベースとした最新作「ヴェロキラプター・ブロンコ」を発表しました。オフロードに特化したハイパワーのチューンにより、最高出力500psを発揮します。

ブロンコの最終形態?

奇抜で高性能なチューニングで知られる米国のヘネシーが、最新モデル「ヴェロキラプター・ブロンコ」を公開した。

テキサス州に拠点を置く同社は、フォード・ブロンコ・ラプターの3.0L V6ガソリンエンジンを強化し、最高出力418psと最大トルク60kg-mから500psと76kg-mに引き上げている。

ヘネシー・ヴェロキラプター・ブロンコ
ヘネシー・ヴェロキラプター・ブロンコ    ヘネシー

また、大型インタークーラーを搭載して空気の導入効率を高めたほか、エンジン管理システムを改良して出力を向上させ、ステンレススチール製のエグゾーストシステムを採用している。

0-100km/h加速タイムは未公表だが、ベースのブロンコ・ラプターの5.6秒より速くなると予想される。

標準のブロンコ・ラプターは、保護スキッドプレートや高いグランドクリアランスなどオフロード走行に特化した装備を揃えているが、ヘネシーはこれをさらにアップグレードした。37インチのオフロードタイヤを装着した18インチホイール、フェンダーエクステンション、専用バンパー、クラシックな「バッキング・ブロンコ」のリバリー、専用バッジが備わっている。

世界200台のみの限定生産で、記念プレートが車内に装着される。

米国向けの価格は、標準のブロンコ・ラプターの6万8500ドル(約990万円)に加え、3万2950ドル(約470万円)となっている。ヘネシーは、英国など欧州市場への輸出の準備も進めているというが、具体的な納車開始日等は確定していない。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フォード ブロンコの人気画像