ゴージャスに謳歌する ジャガーFタイプ P450 コンバーチブルへ試乗 5.0L V8 SC

公開 : 2022.03.02 08:25

発売から9年が経過した、ジャガーの2シーター・スポーツ。フェイスリフトを受けたロードスターを英国編集部が試乗しました。

大排気量V8 SCにソフトトップ

ジャガーFタイプの発売は、実は2013年にまでさかのぼる。ポルシェが997型を交代させ、991型の911へ置き換えた2年後だった。

数年前にFタイプは本格的なフェイスリフトを受けているものの、ディーラーに並んでから間もなく10年を迎えようとしている。その間に、ポルシェは911を992型へ進化させた。2023年には、その992型にも更なる改良が加えられる予定だ。

ジャガーFタイプ P450 コンバーチブル(英国仕様)
ジャガーFタイプ P450 コンバーチブル(英国仕様)

一方のジャガーは、X152型Fタイプの後継モデルを計画していない様子。あと数年後に純EVメーカーへなったとしても、スポーツモデルは継承されて欲しいものだ。

今回試乗したのは、大排気量のガソリンエンジンを搭載した、P450のコンバーチブル。AUTOCARでは2020年に、フェイスリフト後の直列4気筒とV型8気筒を搭載したクーペへ試乗している。だがソフトトップを評価するのは、これが初めて。

Fタイプは、英国市場では唯一10万ポンド(約1550万円)を切る、本格的な上級スポーツモデルだといえる。伝統あるブランドが、寿命を伸ばすべくどのように進化させたのか、改めて確かめる機会となった。

果たして、その仕上がりは相当にイイ。ただし、気になる点もゼロではない。

個性的なエンジンと高バランスのシャシー

Fタイプ P450が搭載するのは、P575と同じ5.0LのV型8気筒エンジン。最高出力が571psから450psへ、デチューンされていることが明確な違い。近年はターボチャージャーが主流となっているが、ジャガーらしくスーパーチャージャーで加給される。

その吹け上がりは爽快なまでに軽快。透明感すら感じられる。

ジャガーFタイプ P450 コンバーチブル(英国仕様)
ジャガーFタイプ P450 コンバーチブル(英国仕様)

深いアクセルペダルのストロークを使い切れば、一気呵成に吹け上がり、肉食動物的に獰猛なパワーを解き放つ。同時につま先で優しく傾ければ、上品な猫のように、慎ましやかに人通りの多い道を流すこともできる。

アストン マーティンヴァンテージが搭載する、メルセデスAMG由来の4.0L V8ツインターボも素晴らしいユニットだと思う。だが、ジャガーの個性を上回ることはできない。このエンジンを味わうなら、ルーフは開いて走りたい。

ステアリングの感触は軽く、弾力性のある手応えが心地良い。シャシーの優れたバランスを発揮させ、運転を楽しむことを許してくれる。

ロードホールディング性は、濡れた路面でも気にしないで済むほど、高いわけではない。チャレンジングなルートでは、ポルシェ911やアストン マーティン・ヴァンテージでは感じられない、ボディの動きの重さが顔を出す。

挙動の変化も、常に漸進的というわけではない。限定的ではあるが。

記事に関わった人々

  • 執筆

    リチャード・レーン

    Richard Lane

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ジャガーの人気画像