最大7人乗りの電動バン 新型フォルクスワーゲンID.Buzz 欧州発表 「バス」の現代版

公開 : 2022.03.11 09:45

ワーゲンバスの現代版として、完全EVの新型ID.Buzzが登場。使い勝手を重視した5~7人乗りのバン。

5年越しのデビュー 次世代の電動バン

初代マイクロバスをEVとして復活させたフォルクスワーゲンID.Buzz(IDバズ)が、2017年のデトロイト・モーターショーで公開されてから5年。待望の市販モデルが発表された。

既存のフォルクスワーゲン・マルチバンと同じドイツ・ハノーバー工場で生産される完全EVで、乗用車と商用車(後者はID.Buzzカーゴ)の2種類が5月に欧州で発売される予定だ。10 月には納車を開始する。

フォルクスワーゲンID.Buzz
フォルクスワーゲンID.Buzz    フォルクスワーゲン

当初は1モーター、後輪駆動の仕様で販売される。リアに同期モーターを搭載し、最高出力204ps、最大トルク31.5kg-mを発揮する。

価格はまだ正式には発表されていないが、商用車は4万ポンド(約600万円)前後から、乗用車は5万ポンド(約760万円)近くになると予想される。メルセデス・ベンツEQVなどと競合することになるだろう。

グレードは「ピュア」、「プロ」、「パック」の3種類を用意。2023年にはデュアルモーター、四輪駆動のパワフルなモデルが、2024年にはキャンパー仕様のID.Buzzカリフォルニアがラインナップに加わる予定だ。

乗用タイプのID.Buzzは、内燃機関搭載のマルチバンと同様のボディスタイルとなっている。5人乗りスタンダードホイールベースモデルに加え、2023年には7人乗りのロングホイールベースモデルも導入する予定。いずれも、フロントドアは従来のヒンジ式、リアは左右スライドドア(オプションで電動式)、テールゲートは上開き式となる。

商用タイプのID.Buzzカーゴは、サイドに1枚または2枚のスライドドア、リアに上開き式のシングルテールゲートまたは観音開きの窓なしドアのいずれかを備える。

ホイールベースはMEB最長 3列シートも

フォルクスワーゲンの汎用性の高いEV用プラットフォーム「MEB(Modularen Elektrik Baukasten)」をベースにしたID.Buzzは、初期のコンセプトと同様に箱型のプロファイルを持ち、全体的に角張ったデザインになっている。

コンセプトとの違いとしては、フロントガラスがやや後方にセットされ、衝突安全性能と空力効率が向上している。また、LEDヘッドライトやフルワイドLEDテールライトなどのディテールも見直され、よりテクニカルな外観となった。ホイールは19インチと20インチを装着できる。

フォルクスワーゲンID.Buzzカーゴ
フォルクスワーゲンID.Buzzカーゴ    フォルクスワーゲン

スタンダードホイールベースのモデルは、全長4712mm、全幅1980mm、全高1938mm。既存のマルチバンよりも全長で192mm、全幅で76mm、全高で32mm小さくなっている。ホイールベースは2988mmで、フォルクスワーゲンID.3ID.4、ID.5、中国市場向けID.6などMEBベースのモデルとしては最長となる。ただし、マルチバンのホイールベース(3000mm)にはわずかに及ばない。

ロングホイールベースモデルのサイズは未確認だが、関係者によれば、ホイールベースが250mm長くなり、最大3列のシートを収容できるようになるとのことである。

前面投影面積が大きいにもかかわらず、空気抵抗係数のCd値は乗用タイプで0.28、商用タイプで0.29と、バンの基準からするとかなり低い。

記事に関わった人々

  • 執筆

    グレッグ・ケーブル

    Greg Kable

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲンの人気画像