新型フェラーリ・プロサングエ V12エンジン搭載決定 初のSUVモデルに伝統受け継ぐ

公開 : 2022.05.06 21:05  更新 : 2022.05.06 21:42

フェラーリが開発中の次期SUV「プロサングエ」にV12エンジンが搭載されることが明らかになりました。

フェラーリのDNAをSUVに

フェラーリは、次期SUV「プロサングエ」にV12エンジンを搭載する。ベネデット・ビーニャ社長が明らかにした。

ビーニャ社長はロイター通信に対し、「当社はいくつかの選択肢を試しました。V12エンジンが提供できるパフォーマンスとドライビング・エクスペリエンスは、市場にとって正しい選択肢であることは明らかでした」と語っている。

フェラーリ・プロサングエと思われるティーザー画像
フェラーリ・プロサングエと思われるティーザー画像    フェラーリ

フェラーリは先日、新しいV12エンジン搭載モデルの製造を発表した。それがプロサングエなのか、それとも812スーパーファストの後継モデルなのか憶測を呼んでいた。

フェラーリは次のように述べている。

「V12は、常にフェラーリのDNAの本質的な部分です。V12は我々の遺産を称えるものであり、パフォーマンスと純粋なドライビング・エモーションの新たな高みを求める絶え間ない探求の象徴なのです」

顧客を納得させるコンセプトに自信

今後の新型車は、2つのアーキテクチャーを中心に作られていく。1つは296 GTBのようなミドエンジンのスーパーカー用、もう1つは新型SUVを含むフロントミドエンジンのGTモデル用だ。

どちらのモデルも、V6、V8、V12エンジン、ハイブリッドの有無、DCT、後輪駆動または四輪駆動、2シーター、2+2、4シーター、さまざまなホイールベース長に対応することが可能だ。

リークされたフェラーリ・プロサングエの画像
リークされたフェラーリ・プロサングエの画像

この幅広いパラメーターから、SUVは全長5mの4シーターに設定された。車高調整可能なサスペンションによって地上高を確保し、オフロード性能とオンロード性能を両立させるためアンチロール・システムも採用するだろう。

デザインに関しては、公式に発表されているのはフロントエンドのみ。しかし、今年初めにリークされた画像から全体的なデザインを見ることができる。

フェラーリのマイケル・ライターズ最高技術責任者はAUTOCARのインタビューで、「このクルマと技術的コンセプトには確信を持っている」と明かした。「真のSUVであり、お客様を納得させるコンセプトとパッケージを持っていますが、その一方で既存SUVとの大きな差別化コンセプトを備えています」

このコンセプトとは、フォルクスワーゲン・グループのMLBプラットフォーム(トゥアレグアウディQ7ベントレーベンテイガランボルギーニウルスで採用)のようなグループ内で共有されている構造とは対照的に、自前のアーキテクチャーを採用することで、SUVならではの室内スペースや快適性、フェラーリらしいパフォーマンスを実現するというものだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フェラーリの人気画像