ジャガーXKR-S コンバーチブル

■どんなクルマ?

ジャガー史上、最も速くパワフルなロードスターを英国の路上でテストした。とはいうものの、このジャガーXKR-Sは、まだ現実には生産が行われていないのが不思議だ。

このソフトトップを持つXKR-Sは、昨年末にわれわれがテストしたのと同じ542bhpのパワーと69.4kg-mのトルクを持つ5.0リッターV8スーパーチャージド・エンジンが搭載される。ジャガーが言うように、このオールアルミのXKは、カブリオレモデルであろうと、クーペからハードトップを除いたことによるボディ剛性を失ってはいない。パワーがアップグレードされたのに対応して、サスペンションもレートが上げられ(クーペ・バージョンよりもリアはソフトである)ている。また、エグゾーストノートもリファインされ、更にスタイルの変更によりダウンフォースも良くなっている。

■どんな感じ?

そのアグレッシブなデザインに騙されそうになるが、XKR-Sはサーキット志向ではないということだ。一般の道路を走るのに適したセッティングがされている。確かに硬い乗り心地ではあるが、それは決して不快なものではない。実際、コンバーチブル・モデルがクーペよりもしなやかな乗り心地を持つ珍しい例のひとつかもしれない。ツアラーとしての能力と、やる気満々に見えるそのパフォーマンスが、巧くバランスがとれているのかもしれない。

発するサウンドもXKR-Sの大きなセールスポイントだ。ノーマルのXKRであれば、そのサウンドはコンバーチブルであることを主張するにすぎないボリュームだ。

問題はその価格にある。103,000ポンド(1,236万円)というプライスタグは、18,450ポンド(221万円)も出来の良いXKRコンバーチブルより高いのだ。シャープなターンインや、アグレッシブなサウンドとレスポンス、ドラマティックな経験を望まないのであれば、’Sでない’XKRでも充分に良い経験をさせてくれるのである。

■「買い」か?

最も速く、いかしたXKが欲しいのであれば、XKR-Sは最高の選択です。しかし、少しばかり少ないパワー(それでも充分な)で満足するのであれば、XKRは充分な価値を与えてくれる。XKRの505bhpがあなたの右足の下で不足するということはあまりないだろうし。

(ヴィッキー・パロット)

ジャガーXKR-Sコンバーチブル

価格 103,000ポンド(1,236万円)
最高速度 298km/h
0-100km/h加速 4.4秒
燃費 9.8km/l
Co2排出量 292g/km
乾燥重量 1795kg
エンジン 5000ccスーパーチャージドV8
最高出力 542bhp/6000rpm-6500rpm
最大トルク 69.4kg-m/2500rpm-5500rpm
ギアボックス 6速オートマチック

 
最新試乗記

人気記事