アウディR8に最終モデル V10エンジンの「RWD GT」登場 2023年生産終了

公開 : 2022.10.05 18:05

2023年に生産を終了するアウディR8の最終モデルが発表されました。5.2L V10エンジンを搭載する後輪駆動モデルで、最高出力620psを発生。世界333台の限定生産です。

333台限定の最終モデル

アウディは、スーパーカーR8の最終モデルとして「R8 RWD GT」を発表した。R8は来年に生産を終了する予定。

R8 RWD GTは、ランボルギーニウラカンと共通の5.2L V10エンジンを搭載する後輪駆動モデルで、世界333台の限定生産となる。価格は20万ポンド(約3200万円)を超えると予想されている

アウディR8 RWD GT
アウディR8 RWD GT    アウディ

最高出力は620psに引き上げられたほか、シフトチェンジの高速化を実現。0-100km/h加速3.4秒、最高時速320km/hに達する。

さらに、7段階に調整可能なリアのトラクションコントロール・システムが新たに搭載された。「トルク・リア・ドライブ」と呼ばれるモードを実装し、設定により後輪の滑りやすさを変更できる。

また、ホイール、アクセルペダル、ステアリングラック、ECUに取り付けられたセンサーからのデータをもとに、路面状況や走行シーンに応じてリアアクスルのパワーを自動的に調整する。

アウディによると、軽量20インチホイール、セラミックブレーキディスク、炭素繊維強化プラスチック製フロントアンチロールバー、アルミニウム製カップリングロッドにより、約20kgの軽量化(車重1570kg)を達成したという。

先代R8のGTモデルと同様、マットカラーのスズカ・グレーが標準仕様となっている。ブラックバッジ、カーボントリム、レッドのシートベルト、アルカンターラのダイヤモンドヘッドライナー、センターコンソールのビルドプレートが標準モデルとの違いを際立たせる。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

アウディの人気画像