フィアット500Xディザー・ムービーを公開

公開 : 2014.09.06 22:50  更新 : 2017.06.01 02:12

フィアットは、今年のパリ・モーターショーで公開を予定している500Xのティザー・ムービーを公開した。

日産ジュークやヴォグゾール・モッカのライバルとなるモデルであり、フィアット500L MPVが発表されることで、”フィアット500ファミリー” が完成することになる。

ビデオはセディチに変わる500Xのディテールまでは明らかにしていない。この500Xは、ジープ・レネゲートの兄弟車であり、イタリアのメルフィ工場で生産が行われる。

フィアット・プントやヴォグゾール・コルサに使われるSCCSプラットフォームの修正版が使用され、ボディ・サイズは4200mm。ホイールベースは、500ファミリーでは最も長く、500Lやプントと共有するサイズとなる。

エンジンは、マルチジェット・ディーゼルとツインエア・ガソリンが当然ながら用意されることとなろう。

販売は、来年の第一四半期からとなる。

関連ニュース

▶ 海外初試乗 / フィアット500L 1.6マルチジェット・ラウンジ
▶ 海外ニュース / フィアット500Xの路上走行テストをスクープ
▶ 海外ニュース / ベビー・ジープ、レネゲードがデビュー
▶ 海外ニュース / ジープスター、フィアット500Xは2015年より前に発売か

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事