納得の洗練された走り メルセデス・ベンツEQS 450 SUVへ試乗 もう少しを求めたい内装

公開 : 2023.05.19 08:25

走り味は上級SUVとして納得の洗練性

英国の一般道を走らせてみると、このクラスの上級SUVとして納得の洗練性を得ている。ロードノイズはほぼ聞こえず、高速道路でも風切り音は殆ど発しない。

サスペンションは、エアスプリングのエアマティックが標準。乗り心地はしなやかで、路面に凹凸があることを忘れさせてくれる。舗装の剥がれた穴も、見事にいなしていた。

メルセデス・ベンツEQS 450 SUV 4マティック AMGライン・プレミアムプラス(英国仕様)
メルセデス・ベンツEQS 450 SUV 4マティック AMGライン・プレミアムプラス(英国仕様)

高めの速度域でカーブへ侵入すると、ボディロールが抑制され、優れたグリップ力で滑らかにこなせる。コーナリング中の安定性を求めるなら、ダイナミック・モードが適している。ステアリングホイールには、控えめながら路面の感触が伝わってくる。

ステアリングレシオはクイックで、後輪操舵も装備するが、反応は自然。機敏な身のこなしで、2730kgも車重があるとは感じさせない。

0-100km/h加速を6.0秒でこなし、直線パフォーマンスにも不足はない。アウディBMWのライバルのような、鋭敏なダッシュまでは得られないとしても。

ステアリングホイール裏のパドルで、回生ブレーキの強さは調整可能。アクセルペダルの加減だけで発進から停止までまかなえる、ワンペダルドライブはできない。

2023年の新車として、速度制限の警告機能が実装されている。走行区間の指定速度を上回ると、スピードを落とすようドライバーへ教えてくれる。実際の流れにそぐわない場合は、機能をオフにすることも可能だ。

急速充電能力は最大200kW 航続距離は587km

筆者が気になったのが、ブレーキペダルの感触。ストロークが長く、制動力の発生に一貫性が乏しいと感じた。大柄なメルセデス・ベンツのブレーキとして、もう少しソリッド感が欲しい。

EQS SUVの急速充電能力は、DCで最大200kWまで。10%から80%まで、最短31分で回復できる。航続距離は、450 4マティックで最長587km。試乗時は、466kmがメーターパネルに表示されていた。

メルセデス・ベンツEQS 450 SUV 4マティック AMGライン・プレミアムプラス(英国仕様)
メルセデス・ベンツEQS 450 SUV 4マティック AMGライン・プレミアムプラス(英国仕様)

メルセデス・ベンツEQS SUVは、洗練性や車載技術、航続距離などでBMW iXに並ぶ。より上質なインテリアや優れた動力性能を備えていれば、強気な価格設定への妥当性が一層高まるだろう。

メルセデス・ベンツEQS 450 SUV 4マティック AMGライン・プレミアムプラス(英国仕様)のスペック

英国価格:12万9170ポンド(約2079万円)
全長:5125mm
全幅:1959mm
全高:1718mm
最高速度:209km/h
0-100km/h加速:6.0秒
航続距離:587km
電費:4.8km/kWh
CO2排出量:−
車両重量:2730kg
パワートレイン:ツイン永久磁石同期モーター
駆動用バッテリー:108.4kWh
最高出力:360ps(システム総合)
最大トルク:81.4kg-m(システム総合)
ギアボックス:−

記事に関わった人々

  • 執筆

    イリヤ・バプラート

    Illya Verpraet

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

おすすめ記事