ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4

公開 : 2014.07.26 16:44  更新 : 2017.05.29 19:21

カーボンモノコックシャシーや700psを発揮するV12エンジンなど、ランボルギーニのフラッグシップらしいスペックを掲げて2011年にデビューしたアヴェンタドール。自他共に認める大物だけに、デビューした後は、「小改良されました!」といった類のチマチマした話題も特になく、最近は自動車雑誌に登場することもあまりなかった。そんなところに試乗会の招待状が舞い込んだ。特にマイナーチェンジと謳われてはいないが、700psを開放するため、場所はツインリンクもてぎが指定されていた。

本誌のテスターとしてこの試乗会に参加したのはレーシングドライバーの桧井保孝さんである。スーパースポーツ・モデルのドライブ経験が豊かな彼は、2011年に袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されたアヴェンタドールの試乗会にも参加している。その時の印象を桧井さんに尋ねてみると、あまり芳しくない答えが返ってきた。

「とにかく(7速セミオートマの)シフトショックが大きいクルマで、コーナリング中にシフトしたいとは思わないくらいでした。カーボン製のモノコックシャシーとかプッシュロッドタイプのサスペンションとか、ひとつひとつの構成部品の質の高さは良くわかるんですが、それらを組み合わせた際のバランスがまだ取りきれていない。一般のドライバーが扱う700psということで安全性を重視してアンダーステアが強いストローク少なめの硬いアシに設定されていたんだと思いますが、もっと熟成できる部分はあるな、と感じていました」

最近は特に公表されることなくコンピューター・セッティング等の細かな煮詰めが行われることが常識となっている。プレスリリーズ等にも特に変更点が示されていない現行のアヴェンタドールだが、3年の歳月の間に進化はあったのだろうか?

「走りはじめてすぐに進化が感じられました。シフトタイムが明らかに速くなっている。以前のモデルの変速スピードは不明ですが、現在は0.05秒とのことでした。ちなみに現代のF1マシーンでも0.04秒なので、これはもうシングルクラッチのセミオートマの限界性能に達しているといえるでしょうね。フィーリング的にも他のシングルクラッチを備えたスーパースポーツと遜色ないと思います。シフト以外の部分では乗り心地が良くなっていると感じました。インポーターの方に聞いてみると、実際には硬いスプリングに変更されサスペンション・ストロークも短くなっているらしいのですが、新たに採用されたダンパーとのバランスがいいのか、しなやかに動くアシに変わっていました。サーキットで思い通りのラインを走れるようになったし、曲げながら加速できるようにもなりました。以前はコーナリング中に加速しようとするとフロントが浮き上がってしまい、アンダーステアが出てしまっていたのですが、最新モデルはちゃんと曲げていくことができる。4輪駆動の良さを活かせていると思いました」

若干スペックが先行していたアヴェンタドールだが、現行モデルには明確な進化があったようだ。

「アシが的確に動くようになったおかげで、ドライバーに伝わってくるインフォメーションも豊かになりました。つまりカーボンモノコックの良さを活用できるようになったということです。ムルシエラゴの時も(誕生後5年目で追加された)LP-640以降はバランスが良くとれてすばらしい走りをしていたから、今回も同じような展開といえますね。以前は700psに振り回されるイメージでしたが、現在は700psをしっかり受け止めて誰でも安心して走れるスーパースポーツ、という印象です。試乗時のデータロガーを確認したら、加速GとコーナリングGとも2G近くを記録していました。これほどの数値を出せるロードカーは他に例がないと思います。電制ダンパー等を備えていないのにこの走りですから、この先どこまで進化できるのか楽しみです。」

声高に進化を叫ぶことなく、ランボルギーニのプライドにかけて着実に熟成されていたアヴェンタドール。刺激的で存在感のあるスタイリングとレーシングカー由来のコンポーネンツの組み合わせに、一線級の走行性能が備わっていたのである。

(文・桧井保孝 写真・吉田拓生)

ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4

価格 4438万4000円
0-100km/h 2.9秒
最高速度 350km/h
燃費 6.3km/ℓ
CO2排出量 370g/km
車両重量 1575kg
エンジン形式 V12DOHC、6498cc
エンジン配置 ミド縦置き
駆動方式 4輪駆動
最高出力 700ps/8250rpm
最大最大トルク 70.4kg-m/5500rpm
馬力重量比 444ps/t
比出力 108ps/ℓ
圧縮比 11.8:1
変速機 7段自動M/T(ISR)
全長 4780mm
全幅 2030mm
全高 1136mm
ホイールベース 2700mm
燃料タンク容量 90ℓ
荷室容量 na
サスペンション (前)ダブルウィッシュボーン
(後)ダブルウィッシュボーン
ブレーキ (前)φ400mmVディスク
(後)φ360mmディスク
タイヤ (前)255/35ZR19
(後)335/30ZR20

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事