ダイハツ・タント・カスタム RS

公開 : 2013.11.26 19:28  更新 : 2017.05.29 18:45

タントの運転席からの眺めは、ほとんど水槽の中から外を見ているかのごときクルマばなれ感が濃厚なのに、乗り味は先代より飛躍的にクルマらしくなった(笑)。適度な荷重移動からのリニアな操縦性はまだスズキ(スペーシア)に分がある感じだが、ホンダ(N-BOX)より身のこなしは自然で安定感あり。市街地での乗り心地は3車中でトップといってよい。

新型タントは室内の広さや走りだけでなく、とにかく装備や使い勝手はスキなし。N-BOXとスペーシアという新世代のライバルに微にいり細をうがって見事にキャッチアップしており、ダイハツが先べんをつけた低速追突オートブレーキもさらに値下げ(今回は5万円)して全グレードに用意された。まさしく“ないものはない”状態。目に見える装備やスペックでライバルに引けを取るのは燃費(JC08モード燃費はスペーシアがわずかにリード)と、ターボエンジンがカスタム系でしか選べない(スペーシアとN-BOXには普通ボディのターボがある)ことだけである。

左側ピラーレスというキラーコンテンツをそのままに、その他の部分はすべてライバルに追い付き追い越した新型タントは、ふたたび大容量軽クラスのトップランカーになる可能性は高い。スタイリングの細部やブランドの好みなどの枝葉の問題(?)をのぞけば、ショールームアピールと短時間のディーラー試乗における好感度は、間違いなくトップである。それにしても、初代タントで驚かされ、2代目でさらに口あんぐり……そこでN-BOXとスペーシアに一糸報われたと思ったら、今度はこの新型タントである。私のような門外漢は、よくぞここまで……と呆然とするしかない凄まじいボンサイ技術の境地というほかない。これを“ガラパゴス”と斜に構えるのは簡単だが、日本の国民車にもなりうる存在なのも事実である。

(文・佐野弘宗 写真・田中秀宣)

タント・カスタム RS “SA”

価格 163.0万円
0→100km/h加速 na
最高速度 na
公称燃費(JC08モード) 26.0km/ℓ
CO2排出量 97.2g/km
車両重量 960kg
エンジン型式 直3DOHCターボ, 658cc
エンジン配置 フロント横置き
駆動方式 前輪駆動
最高出力 64ps/6800rpm
最大トルク 9.4kg-m/5200rpm
馬力荷重比 66.7ps/t
比出力 97.3/ℓ
圧縮比 9.5
変速機 CVT
全長 3395mm
全幅 1475mm
全高 1750mm
ホイールベース 2455mm
燃料タンク容量 30ℓ
荷室容量 na
サスペンション (前)マクファーソン・ストラット
(後)トーションビーム
ブレーキ (前)Vディスク
(後)ドラム
タイヤ 165/55R15

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事