最終生産型のジャガーXFR-Sサルーン

公開 : 2012.07.10 11:43  更新 : 2017.06.01 00:59

英国中部でテストされるジャガーXFプロトタイプは、おそらく新しいXFR-Sサルーンと思われる。ジャガーのボスは最近になって、そのクルマの存在を認めている。それはXKR-Sと同じ、542bhpのスーパーチャージャー付きV8エンジンを搭載するモデルだ。

このモデルは、11月のロサンゼルス・モーターショーで公開されることになろう。以前にニュルブルクリンクでスクープショットを撮った時よりも、かなり開発が進んでいるようだ。

市販を考えていくつかのエアロ・ダイナミクスなパーツの追加がされているようだ。フロントには小さなリップ・スポイラーが追加され、リアには固定されたリア・スポイラーが取り付けられている。

このXFR-Sは、552bhpのBMW M5や、549bhpのメルセデス・ベンツE63 AMGのライバルになることになる。標準的な503bhpのXFRでは、現時点ではこれらライバルに勝てないことをジャガーは認めている。

関連テーマ

 

人気記事