メルセデス、マイバッハのネーミングを復活

公開 : 2014.11.12 22:40  更新 : 2017.06.01 02:11

メルセデス・ベンツは、V12を搭載したSクラスのロング・ホイールベース・バージョンにマイバッハのネーミングを与えることを決定した。中国の広州モーターショーと、アメリカのロサンゼルス・モータショーで同時発表する予定で、ベントレー・フライング・スパーやロールス・ロイス・ゴーストのライバルとしてのポジショニングを持たされたモデルである。

メルセデス・マイバッハというダブル・ネームの与えられたモデルとなり、ロング・ホイールベース・バージョンというだけでなく、フロント・グリルを含めて通常のSクラスよりもより高級なエクステリアが与えられることになる。また、インテリアも、マイバッハ57および62に用いられた電動のリクライニング・リア・シートなどが採用される。

エンジンは、AMG製の6.0ℓV12をチューニングしたものが搭載去れる予定だ。

このメルセデス・マイバッハの上には、更にロング・ホイールベースとなったS600プルマンが控えている。これは、2015年にデビューする予定である。

価格は12月18日に公開される予定だが、標準的なS600よりも£10,000〜15,000(180〜240万円)高い£154,000(2,830万円)からとなろう。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事