社会人1年目、ポルシェを買う。

2020.02.09

【社会人1年目、ポルシェを買う。】第102話:「Nタイヤ」とは何なのか? ミシュランに聞いてみた。

ところで、Nマークってそもそも何なのか?

タイヤに対してメーカーが「認定=マーキング」をしたのは、ポルシェ=Nタイヤが初めてのことだった。ポルシェからオファーがあった。

RRのポルシェには、よいところと、悪癖ともいえるところが今よりも混在していた。

たとえばリアタイヤのトレッドを広げることで、クルマが暴れないようにしよう、などといった工夫をポルシェ側はしていた。いっぽうで、ポルシェじたいは、どんどん高性能化していく。

「当時も、ポルシェにあわせた特別なタイヤを設計していたと思っています」と大河内さん。

しかしそのときはまだ承認マークがなかった。それゆえ、純正タイヤ以外に交換するカスタマーも多かった。結果的に、ポルシェの求める性能がでない可能性もあった。

「マークをつけることで、求める性能を担保できるのでないか?」とポルシェは考え、タイヤを試験するニュルブルクリンクの頭文字をとって「Nマーク」が生まれたのだった。

「ポルシェが市販車にNマーク付きのタイヤを装着したのは1987年モデルからと聞いています」(大河内さん)。ポルシェ以外のメーカーに「認定タイヤ」が用意されるのはもっとあとのことである。

で、そのNタイヤ。おなじ銘柄でも「Nあり」と「Nなし」が存在。何が違うのだろう?

この記事に関わった人々

  • 上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

関連テーマ

人気テーマ

バックナンバー

記事一覧

 
 

おすすめ記事

 

ポルシェの人気画像

×