Juju(野田樹潤)ブログ

2020.12.05

Juju(野田樹潤)のデンマークF4挑戦が、ひと区切り。2020年シーズンを振り返り、来年の活動についてわかっていることを少しだけ触れます。

【Juju(野田樹潤)ブログ】第46話:2020シーズン振り返り そしてわたしの来シーズンはどうなる?

もくじ

デンマークでの1年、ヨカッタところ
今年1年、やっぱり不完全燃焼かな
気持ち切り替え どうなる来シーズン

デンマークでの1年、ヨカッタところ

みなさんこんにちは。Jujuです。

先日わたしはデンマークから日本に戻ってきました。

今回は初めての海外挑戦となったこの1年を振り返ってみようと思ます。

わたしは今年、デンマークF4選手権(デニッシュF4チャンピオンシップ)に参戦しました。14歳から参戦可能なチャンピオンシップだったからです。

当初の予定では8ラウンド、24レースが開催され、開幕戦は5月に予定されていました。

ところがコロナの影響があって5月の開幕レースは中止になり、その後に発表されたスケジュールでは6月20〜21日のユランズリングを開幕ラウンドとする全15戦に変更されていました。

しかも結果的には第4ラウンドと第5ラウンドの中止がレース直前になって決定したことで、わたしのデンマークにおけるチャンピオンシップは全3ラウンド、9戦で終了してしまったのでした。

レース数こそ予想外でしたが、初めての海外挑戦では色々と良いことがありました。

まずなんといっても、3ラウンド全ての第1レースでポールポジションを取れたことが大きかったですね。

開幕前はパドボルグ・パーク・サーキットを走り込み、2回のテスト走行ではともにラップレコードを更新できていました。

だからスピードには自信はありましたが、開幕戦がおこなわれるユランズリングはぶっつけ本番でした。

でもそこでちゃんとポールポジションを取れたのでホッとしました。

その流れでわたしの海外レースデビューとなったデンマークF4選手権の初戦ではポール・トゥ・フィニッシュすることができたのです。

レーシングドライバー Juju(野田樹潤)

2006年生まれ。父は元F1レーサー野田英樹。4歳でKIDSカートデビューウィン。5歳で30cc/40ccダブルチャンピオン、9歳でFIA-F4の最年少デビューを果たす。11歳になり、国際クラスFIA-F4マシンで「U-17大会」に出場。4月の開幕戦ではFIA-F4のコースレコードより0.9秒速い、1分32秒8で優勝。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」。2018年からインターナショナルスクールに通い、F3への挑戦を開始。2020年、デンマークF4を経て、2021年シーズンはアメリカ「F4 US」に参戦。
 
 
 

人気記事