Juju(野田樹潤)ブログ

2024.05.29

【Juju(野田樹潤)ブログ】第104話:「もっといいレースができたはず」スーパーフォーミュラ第2戦が終わりました。

予想外のトラブルで失った走行時間

九州のオートポリス・サーキットでTGMグランプリチームと合流。

私がスーパーフォーミュラのマシンでここを走るのははじめてのこと。だからこそ予選前に1回しかないフリープラクティスはとても重要でした。

コースを覚えるため使用済みのタイヤで慎重に周回を重ねます。ある程度コース確認が終わった所で本格走行に向け、ニュータイヤを履くためにピットイン。と思ったら燃料系にトラブルが出てしまいコース脇にマシンを止めることになってしまいました。

マシンがピットに運ばれ、メカニックが修理に取り掛かります。修理が完了し再びコースインしたのですが、私が走りはじめた周でチェッカーが振られてしまい、セッティング変更も予選のシミュレーションもできず走行時間が終わってしまったのでした。

望んでいた状況ではありませんが、午後の予選は与えられた条件の中で精一杯走るしかありません。Aグループで出走した予選ではフリー走行から5秒ほどタイムアップし、グループ10番手、総合19位となりました。

決勝レースは開幕戦と同じく後方からの追い上げになりますが、鈴鹿の時も予選よりレースの方がコースにも慣れてきて安定したラップが刻めたので、今回のオートポリスでも戦い方は同じです。私はシーズン前に「毎戦レースを楽しみ、ひとつひとつ目の前の壁を乗り越えて、成長を遂げていくというのが今やるべきこと」とコメントしていますが、今回のレースでもまさに壁にぶつかった感じ。

今回もそれを乗り越えるために走ります。

記事に関わった人々

  • 執筆

    Juju(野田樹潤)

    Juju Noda

    2006年生まれ。3歳でカートを始める。経験を積み、9歳で最年少デビューを果たしたFIA-F4マシンでは11歳で「U-17大会」に出場。2018年にはF3マシンに挑戦し、2020年はデンマークF4参戦デビューウィン。2021年はアメリカF4 USとデンマークF4。2022年は「Wシリーズ」ドライバーオブザイヤーを獲得。2023年に獲得したユーロフォーミュラのウィナー、ZinoxF2000のチャンピオンはいずれも女性初。2024年日本最高峰レースのスーパーフォーミュラに史上最年少、日本人女性初のデビューを果たす。目標は「日本人初の女性F1/フォーミュラEのドライバーになって、チャンピオンになること」
  • 撮影

    遠藤樹弥

    Tatsuya Endoh

    1996年兵庫県に生まれる。小学生の頃からカメラ好きの父親に連れられサーキットに通い始め、モータースポーツの迫力の虜になる。時が経ち、エンジニアを目指し某自動車専門学校に入学するも、かつて味わったレース撮影の面白さを忘れられず。夢への情熱が再燃し、大阪で写真の専門学校に通う。卒業後、晴れてモータースポーツフォトグラファーとして、国内外を問わず飛び回る日々を送る。日本レース写真家協会(JRPA)会員、ソニー・イメージング・プロ・サポート会員。

バックナンバー

記事一覧

 
 

おすすめ記事

 

人気記事

        人気画像