国内試乗

2014.01.09

フォード・フィエスタ1.0エコブースト

テスト日 : 2013年1月08日

価格 : 229.0万円

■どんなクルマ?

欧州を中心に販売展開が行われる、フォードのコンパクトカー。いわゆるBセグメントに属し、日本国内での競合クラスは1.3〜1.5リッターとなる。初代モデルの登場は1976年のことで、現行モデルは4世代目となる。2002年に発売が開始された先代(通算3世代目)モデルは日本へも正規輸入が行われていたが、’08年のフルモデルチェンジに合わせて日本国内での販売を終了。現行の4世代目モデルの輸入販売は見送られていた。

その現行モデルは’08年に登場し、’10年にはセダンタイプのボディ形状を追加してラインナップを拡充するとともに、北米市場でも販売を開始。まさにグローバル展開されるフォードの基幹車種となった。そんなフィエスタが、満を持して日本市場に再上陸。潔く1グレードのみの車種ラインナップだが、なんといっても注目はフォードの誇る小排気量ターボユニット、「エコブースト」シリーズの最小排気量となる997ccターボである。最高出力は100psとそれなりだが、最大トルクは17.3kg-mもの大トルクを1400-4000r.p.mという幅広い回転域で発生。さらにリッター17.7kmという好燃費も実現するなど、新時代のリッターカーとしてふさわしい実力を備えている。

■どんな感じ?

Bセグメントとはいえ、フィエスタのボディは全長3995×全幅1720×全高1475mmという立派なサイズ。運転席に乗り込んでみても頭上空間は広く、いわゆるコンパクトカーらしい運転姿勢を強いられることはない。180cmのドライバーにシートを合わせても、後席には大人が普通に座れるだけの余裕がある。後席シートは分割可倒式で、リアシートを倒すと最大で960リットルもの荷室容量を確保するなど、実用性は十分。Bセグメントハッチバックとしての基本性能は極めて高い。

そして気になる1リッターのエコブースト・ユニットだが、結論からいうと極めてトルクフルで扱いやすく、これまでのリッターカーの水準を凌駕しているどころか、2リッタークラスと同等以上とさえ思えるほどの走行性能とドライバビリティを誇る。なにより驚かされるのは、そのターボラグの少なさだ。71.9mm×81.9mmというロングストローク・ユニットは、まるで右足と直結しているかのごとくトルクが立ち上がり、1160kgの車体を軽々と加速させる。997ccの3気筒というエンジン型式からすると、軽自動車のスポーツモデルのような騒々しさとエンジン回転に比例して立ち上がるトルクカーブを連想するかもしれないが、フィエスタに搭載される1.0エコブーストはむしろその逆を行く。

このドライブフィールは、組み合わされるトランスミッションによるところも大きい。「パワーシフト」の名称が与えられたゲトラグ・フォード製の6速デュアルクラッチは、まさに電光石火というシフトチェンジを行ってくれる。今回の試乗コースはアップダウンの多い箱根のワインディングだったが、普通車でも難儀するような上り坂もグイグイと走って行く様は痛快で、おもわず運転していて笑顔がこぼれてしまうほどだ。

■「買い」か?

これまで、B/Cセグメントのスタンダードモデルといえばフォルクスワーゲンのポロ、およびゴルフというのが通説だった。もちろん現在でも、両車はそれぞれのカテゴリーで国際標準ともいうべき確かな実力を備えていると感じさせるが、このフィエスタ1.0エコブーストはセグメントの枠を超え、日本市場の小型車全体におけるベストではないだろうか。それほどのインパクトを感じる。

フィエスタ1.0エコブーストの車両価格は229万円。国産車の1.6リッタークラスとほぼ互角だが、オートヘッドライトやクルーズコントロール、オートエアコン、8スピーカーオーディオシステムといった快適装備だけでなく、バックソナーやリアカメラといった運転補助装置も標準で備える。さらに安全装備においては、自動ブレーキシステム「アクティブ・シティ・ストップ」が全車に標準装備となるなど、その内容を考えれば極めてリーズナブル。間違いなく、国産・輸入車を含めてすべての小型車のなかでベストといえる1台と思える。さらには自動車税などランニングコストに差はあるけれど、軽自動車ユーザーにとっても、ぜひ検討の価値がある1台ではないだろうか。それくらい、このフィエスタ1.0エコブーストは日本の自動車市場における「黒船」といえる。

(佐橋健太郎)

フォード・フィエスタ1.0エコブースト

価格 229.0万円
最高速度
0-96km/h加速
燃費 17.7km/ℓ
CO2排出量
乾燥重量 1160kg
エンジン 直列3気筒997cc DOHCターボ
最高出力 100PS/6000rpm
最大トルク 17.3kg-m/1400-4000rpm
ギアボックス パワーシフト6速デュアルクラッチ
 
最新初試乗

人気コンテンツ