[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

スマート・フォーフォーのブラバス版は高すぎ? トゥインゴとの違いとは?

2017.03.01

スマート・フォーフォーの ‘ブラバス版’ のテスト。値段が魅力を薄めさせていないといいのだが……。

■どんなクルマ?

あなたは初代のスマート・フォーフォー・ブラバスを覚えているだろうか?

2005年に発表されたそれに搭載された1.5ℓ4気筒エンジンは十分なブーストにより176psを発生し、ちょっと驚くようなトルクステアも生じていた。

現行モデルにもフォーフォー・ブラバスが帰ってきた。898ccの3気筒エンジンは110psを発生し、このクルマのために用意された6速デュアル・クラッチ・オートマティック・トランスミッションと組み合わされる。

同じ話をどこかで聞いた覚えがあるのは、ルノー・トゥインゴGTも同じメカニカル・コンポーネントを共有しているからだ。

しかも、この2台は一緒に開発され、スロベニアの同じ工場から送りだされる。さて、このブラバスはルノーを凌ぐことができるであろうか?

 
最新試乗記