国内試乗

2017.09.09

N-BOX試乗 ターボ/NAモデルチェンジ車 「緩い」新型の狙いとは?

ホンダN-BOXカスタムG・EXターボ・ホンダ・センシング

テスト日 : 2017年09月05日

価格 : 1,949,400円

文・川島茂夫 撮影・花村英典 

[編集部より]

ホンダN-BOX新型を試乗! ターボとNAを乗り比べます。走り出すと “緩さ” を感じますが、そこには狙いがありました。

もくじ

どんなクルマ?
ボア×スト変更 新エンジン搭載
軽初 助手席570mmロングスライド

どんな感じ?
知っておきたい 新型の「緩さ」とは?
「緩さ」「収まり」 ともに両立
NAか、ターボか

「買い」か?
フィットを越えている点

どんなクルマ?

ボア×スト変更 新エンジン搭載

現在に続くスーパーハイト系軽乗用の開祖はタントである。高全高を活かした広々としたキャビンを特徴とし、今やファミリー向けの軽乗用では中心的なジャンルだ。

ホンダN-BOXカスタムG・EXターボ・ホンダ・センシング トランク

ホンダが新世代軽乗用戦略として打ち出した「N」シリーズで、スーパーハイト系市場向けに開発されたのがN-BOXである。FMCでは基本コンセプトを踏襲しているが、プラットフォームとパワートレインを一新。先代で新設したハードウェアを早くも代替わりさせていることからも、新型への力の入れようが分かる。

ホンダN-BOXカスタムG・EXターボ・ホンダ・センシング

シーム溶接や接着剤の採用により高剛性かつ軽量化された車体。ロングストローク型の新エンジンと油圧ポンプ負荷低減を図ったCVT。マニア心に響く金属ナトリウム封入バルブは廃止されたが、鏡面仕上げバルブの採用により耐ノック性は向上している。さらに軽乗用では初となる本格LKAとACCなどの高機能運転支援を行うホンダ・センシングも標準採用される。
 
next page軽初 助手席570mmロングスライド

 
最新初試乗