[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

ヴィッツ “GRMN” 試乗 1.8ℓスーパーチャージド、出力210ps以上

2017.09.19

100字サマリー

トヨタ・ヴィッツ “GRMN” プロトタイプ試乗! 1.8ℓスーパーチャージドエンジン搭載。GRシリーズでは、トップレンジとなる「GRMNモデル」です。

もくじ

どんなクルマ?
ヴィッツ “GRMN” エンジンが別物
どんな感じ?
6MT採用 先代GRMNターボから進化
本格的LSDがアドバンテージ
「買い」か?
ライバルは、欧州ホットハッチ勢

どんなクルマ?

ヴィッツ “GRMN” エンジンが別物

86 “GR” プロトタイプの項でも書いたように、GAZOO Racing Companyの新設にともない、トヨタは「GAZOO」銘柄のスポーツモデルの再編・拡大を発表した。ただ、「GRMN」を冠するモデルの定義は以前と変わらない。

ヴィッツGRMNプロトタイプ

「GR」や「GR SPORTS」などの量産カタログ商品では基本的にボディとシャシー、そして内外装にとどまるのに対して、GRMNはその範囲をエンジンを含めたパワートレインにまで拡大。……ということは、つまりイジリに実質的に制限は設けない。しかも、限定販売を前提とすることで、イジリレベルには妥協しない「GAZOO、ここにあり!」を象徴する頂点的な存在が、GRMNだそうである。

そんな新体制GAZOOの象徴となるべき第1弾として開発中なのが、この「ヴィッツ “GRMN”」である。発売目標時期は来年春ということで、210ps以上/25.5kg-mというBセグホットハッチ最上クラスをうたう専用スーパーチャージドエンジンの性能も、今のところは目標値である。

ヴィッツGRMNプロトタイプ

新しいヴィッツ “GRMN” も先代にあたるGRMNターボ同様に、ボディは日本未導入の3ドアとなる。先代との最大のちがいはエンジン。歴代ヴィッツターボは1.5ℓ+ボルトオンターボだったが、今回は初めてベースエンジンを1.8ℓの2ZR系に変更。前記の目標スペックは先代より50ps以上/4kg-mも引き上げられている。
 

 
最新試乗記