海外試乗

2018.03.13

ジャガーI-PACEファーストエディション 高評価なデザインや走行性能 英国価格も判明

ジャガーI-PACEファーストエディション

テスト日 : 2018年03月05日

価格 : 8万1495ポンド(1222万円)

文・スティーブ・クロプリー 

編集部より

ジャガーの今後を左右する近未来戦略に、劇的な影響を及ぼすであろう、新しい電動パフォーマンスSUVを遂に体験した英国版編集長のクロプリー。わずかな時間ながら、初めてのテストドライブの結果を見る限り、その幸先は良さそうです。

もくじ

どんなクルマ?
本物のジャガーだと言えるのか?
2基のモーターで400psと70.7kg-mを達成

どんな感じ?
コンセプトカー譲りの上質な車内
低重心+トルクベクタリング
印象に残る、精度と正確性の高さ

「買い」か?
未来のジャガーとして、必要な全てを備えている

スペック
ジャガーI-PACEファーストエディションのスペック

どんなクルマ?

本物のジャガーだと言えるのか?

イギリスの自動車メーカーによる革新的な電動パフォーマンスSUV、I-PACEは、2016年のロサンゼルス・モーターショーで、コンセプトカーとしてお披露目された。しかし、それから15ヶ月が経ち、ファーストエディションをテストドライブできる今の段階となっても、ふたつの重要な疑問に対する答えは得られていなかった。

ひとつ目は、本物のジャガーと言える質感なのか。

ふたつ目は、ジャガーに相応しい乗り味なのか。

技術開発と設計に巨額を投じてたどり着いた量産モデルによって、遂に、この2項目への答えが導かれることとなる。

I-PACEは、ジャガーとしての冒険的な近未来戦略モデルであることは言うまでもなく、高水準の先端技術によって、多くのターゲット層を刺激し、訴求するというゴールがある。今から70年前、世界大戦後に生まれたスポーツカーXK120や、そのスピリットを受け継いで1968年に登場したXJ6などと、同様な意味を持つと言える。

そして、この疑問に対する回答の糸口が、ジュネーブ・モーターショーに合わせて設定された、今回の試乗会。混雑するジュネーブ空港の誘導路の一角を仕切って用意された、コーナーコーンに計測機能などが埋め込まれた「スマートコーン」が並ぶ、単独走行のテストコースが舞台だ。クルマを見極めるのに必要なハンドリングコースとしての条件をなんとか満たしたレイアウトで、I-PACEの運動性能をわずかながら、味わうことができた。

next page2基のモーターで400psと70.7kg-mを達成

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ