海外試乗

2018.08.06

長期テスト マクラーレン570GT(4) 軽量ゆえのパフォーマンス

マクラーレン570GT

編集部より

今回はマクラーレン主催のイベントでシルバーストン・サーキットを走行しました。ライバルたちよりも軽量でバランスが取れたシャシーゆえ、タイヤなどを傷めにくい点が魅力です。ただし、570GTは公道重視モデルであり、サーキット走行では570Sが有利です。

もくじ

積算10935km 軽量という利点
タイヤを過度に傷めないバランスの良さ
納車時からの異音は解消
テスト車について
テストの記録

積算10935km 軽量という利点

マクラーレンがライバルたちよりも軽量であることのメリットは多い。同クラスのライバルと比べると最低でも100kg軽量なのだ。

これは直線でのパフォーマンスはもちろんのこと、コーナーでの運動性能にも大きく影響する。それだけではなく、燃料、タイヤ、ブレーキにも優しいのだ。サーキット走行をするのであれば、タイヤが長持ちするということは非常に重要だろう。

ピュア・マクラーレンというイベントに参加したが、これは他のオーナーにもぜひ参加をおすすめしたいイベントだ。メーカーが主催し、保証にも影響を与えないサーキット走行会などなかなかないチャンスだ。

この570GTはマクラーレンの中でも公道重視のモデルであり、もしサーキット走行を好むのであれば570Sをおすすめしたい。以前、アングルシーで走行した際には570GTは驚くことにほんの数ラップで音を上げてしまった。

next pageタイヤを過度に傷めないバランスの良さ

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ