BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外初試乗

2019.06.04

英国試乗 レンジローバー・イヴォークP200 AUTOCAR英編集部はディーゼル推し

ランドローバー・レンジローバー・イヴォークP200

編集部より

コンパクトSUVクラスで最高と名高いイヴォークのガソリンモデルに試乗を行いました。クルマ自体は相変わらずの素晴らしい出来ですが、ガソリンエンジンはやや力不足なだけでなく、燃費もイマイチと英国編集部。ディーゼルモデルを選んだ方が良さそうです。

もくじ

どんなクルマ?
ガソリンモデルの出来は

どんな感じ?
パワー不足、燃費もイマイチ

「買い」か?
今後の進化に期待

スペック
レンジローバー・イヴォークP200 SEのスペック

どんなクルマ?

ガソリンモデルの出来は

2代目レンジローバー・イヴォークは発売からすぐにクラスをリードする存在となり、ボルボXC40をも上回っている。XC40が打ち立てたベンチマークのレベルの高さを考えれば、これを超えるのは至難の技だっただろう。

イヴォークの成功はディーゼルによるものと言っても良いとAUTOCAR英国編集部は考える。今回われわれは初めてガソリンモデルに英国で試乗を行なった。具体的にいえば、P200の名を冠するグレードだ。

イヴォークに搭載されるガソリンエンジンはすべて2.0ℓ4気筒のインジニウム・ファミリーだ。P200は200ps、P250は250ps、そして最上位のP300は300psとなっている。

現時点では、ガソリン仕様の全グレードに4WDと9速AT、それに48Vマイルドハイブリッドが組み合わされる。このシステムはブレーキ時の回生エネルギーをスターター・ジェネレータ・モーターに蓄え、加速時にクランクシャフトに還元するものだ。

next pageパワー不足、燃費もイマイチ

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ