ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

水素満タンは3分以下 メルセデス・ベンツGLC Fセル プラグイン燃料電池に試乗

2019.06.24

100字サマリー

メルセデス・ベンツのラグジュアリーSUVの中でも環境負荷を減らした新グレードがFセル。水素タンクとバッテリーを搭載した燃料電池車で、GLCのフェイスリフト似合わせて、Fセルもアピアランスに変更を受けました。欧州では内燃機関にかわる機運も高まってきているようです。

もくじ

どんなクルマ?
既存のエンジンルームに燃料電池を搭載
インフラ不足をレンジエクステンダーでカバー
どんな感じ?
運転感覚はほぼ普通のEV
通常のGLCと変わらない車内の広さ
「買い」か?
日本や英国への導入に期待が高まる
スペック
メルセデス・ベンツGLC Fセルのスペック

どんなクルマ?

既存のエンジンルームに燃料電池を搭載

フェイスリフトに合わせて、エクステリアデザインに若干の変更を受けたメルセデス・ベンツGLC。最新のMBUXと呼ばれる対話型インフォテインメント・システムやデジタルインスツルメント、新デザインとなったステアリングホイールなど、インテリアのアップデートも抜かりはない。

このラグジュアリーなSUVに、とても魅力的で環境にも優しい、プラグイン燃料電池モデルが存在するのをご存知だろうか。先進的なパワートレインは、ポスト・ガソリン時代が迫るいま、現実的な可能性を見せてくれる存在だ。

GLC Fセルの大きなボンネットの内側に収まるのは、水素をエネルギー源とする燃料電池。メルセデス・ベンツの腕利きのエンジニアによって、エンジンルームに大きな変更を加えることなく、綺麗にインストールしてある。何しろ、標準のガソリンエンジンのマウントポイントを利用して、搭載させているほど。

このGLCの燃料電池は、メルセデス・ベンツが製造した中でも最もコンパクトなユニットだという。また、10年前に発表したBクラスの燃料電池モデルよりも、使用しているプラチナの量を90%も少なくすることに成功している。

 
最新試乗記