[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

試乗 レクサスRC(マイナーチェンジ車)の評価は? 350 Fスポーツ、ハイブリッド車300h

2019.07.23

100字サマリー

マイナーチェンジを受けたレクサスRCに試乗。3.5ℓのFスポーツと、ハイブリッドのバージョンLを試します。均整のとれた上級クーペと評価されています。

もくじ

どんなクルマ?
レクサスLCとRCの関係

どんな感じ?
試乗 まずはFスポーツを試す
バージョンL/HV仕様と比較

「買い」か?
カップルズ・ツアラー
スペック
改良新型レクサスRCのスペック

どんなクルマ?

レクサスLCとRCの関係

現行RCの初試乗時「レクサスの走りが変わる」と直感した。RC登場の直前にNXが発売され、そこでも同様の印象を受けたものの、NXはSUVであり、ファミリー&レジャー用途を主軸にした結果とも思えた。RCに乗ってそれが間違いだったことに気付かされた。

RCはSC(Z40型ソアラ)の後継に位置する上級クーペ。しかも、セダン系でもハイパフォーマンス&スポーティを前面に押し出すレクサス、クーペならば尚更だろうと思っていたが、予想に反してスポーツ&ラグジュアリーの均整がとれたモデル。走りにおける高性能とスポーティと快適のバランス、カップルが心地よい時間を過ごすためのインテリアとプラスαの拡張性を備えたキャビンなど、良質なツーリング性能が印象的だった。

昨年10月末のMCでは2017年に登場したフラッグシップクーペ「LC」と共通した印象を与える外観変更、タイヤやサスペンションの主要部品を改良。さらに、2ℓターボの特性やステアフィールに至るまで見直しが図られている。要するに走りやデザインをLCに近づけた訳だ。と記すとキャラを変更したように思えるかもしれないが、そこは冒頭で述べたとおり。RCの延長上にLCが存在し、LC開発で得たデザインやハードウェアの進化をRCにフィードバックしたと捉えたほうがいい。LCもRCも見ている方向は同じなのである。

 
最新試乗記