カーレビュー

2019.08.18

ロードテスト フェラーリ488ピスタ ★★★★★★★★★☆

フェラーリ488ピスタ

テスト日 : 2019年8月7日

価格 : 25万2765ポンド(約3791万円)

編集部より

V8フェラーリのサーキットスペシャルは、第4世代にして700psの壁を突破。先代モデルやライバルと比べて、玄人好みなところに欠ける味付けですが、エンタテインメント性抜群の走りは非常に魅力的でした。

もくじ

はじめに
意匠と技術 ★★★★★★★★★★
内装 ★★★★★★★★★☆
走り ★★★★★★★★★★
使い勝手
操舵/安定性 ★★★★★★★★★☆
快適性/静粛性 ★★★★★★★☆☆☆
購入と維持 ★★★★★★★★★★
スペック
結論 ★★★★★★★★★☆

はじめに

フェラーリがV8ミドシップモデルの、各世代の末期にサーキットスペシャル仕様を設定するのは、マラネロの商品戦略の定番となった。360チャレンジストラダーレで2003年にはじまったそれの最新作が、今回取り上げる488ピスタである。

360CS、430スクーデリア、458スペチアーレといった前任者たち、またGTレース参戦のためのホモロゲーションモデルとして1993年に登場した348GTコンペティツィオーネでも、これほど大幅なパフォーマンス向上を果たしてはいない。

2003年登場の360チャレンジストラダーレ。
2003年登場の360チャレンジストラダーレ。

このクルマのおかげで、スモールフェラーリの最強バージョンはスーパーカーのヒエラルキーを飛び越えたものとなった。458スペチアーレが605psだったのに対し、もはや600psクラスを卒業する720psという出力を誇るのである。

V8ツインターボは、構成部品の50%を刷新し、とんでもない速さを実現した。これほどのパワーアップのペースはそう続くものではないと思うかもしれないが、マクラーレン720Sに匹敵する最高出力と最大トルクをこのクルマが得たのは事実だ。

それに加え、おなじみとなったダウンフォースを生むカーボンファイバーのボディワークは装備を簡素化して軽量化したキャビン、サーキット志向の改良を図ったサスペンションも与えられている。

また、これは超ハイグリップなミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2Rを履く市販車を、MIRAのドライサーキットへ持ち込む最初の機会となる。目を見開くような加速性能とラップタイムが期待される史上最強のV8フェラーリ、そのテストの模様をレポートしていこう。

 
最新試乗記