【手に入る内に楽しみたい】フォルクスワーゲン・アップGTI 極小ホットハッチ復活

2020.03.15

サマリー

再登場となったゴルフGTIの弟分、アップGTI。グリップ力や動力性能以上にGTIというバッジが先行している感はあるものの、シンプルで運転する楽しさもたっぷり詰まっています。WLTPテストへ対応したモデルを、英国で評価しました。

もくじ

WLTPテストに対応して再上陸
車線維持支援システムが追加
シャシー性能を引き出して楽しめる
手に入る今のうちに楽しんでおきたい
フォルクスワーゲン・アップGTIのスペック

WLTPテストに対応して再上陸

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
マイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲン・アップGTI。フォルクスワーゲンが2020年にラインナップするホットなハッチバックの中で、最も小さいモデルだ。

価格は若干高くなったが、際立った何かがあるわけではない。クルマの放つ誘惑は変わらないものの、ショールームに姿を見せるのは久しぶり。

フォルクスワーゲン・アップGTI(英国仕様)
フォルクスワーゲン・アップGTI(英国仕様)

ホットなアップは、2018年の1月に登場して以来、英国でも高い人気を集めてきた。だが、台数の限られる右ハンドル仕様を、英国のニーズが満たせるほどは割り当てられずにいた。

WLTPテストへ対応させる期限が迫る中で、アップGTIは2019年4月に一度販売をストップしていた。そして今、テストを無事にパスして、アップGTIが戻ってきた。

新しく2次元化されたブランドロゴをまとう、初めての1台でもある。VWのレタリングは細くなったが、従来どおりブラックの上にクロームで記されている。

それ以外は、基本的に以前と変わらない風貌。ボディサイドの下に入るダブルストライプのグラフィックと17インチのアルミホイール、黒く塗られたサイドミラー・カバー、小さなルーフスポイラーが、やんちゃな雰囲気を漂わせる。

ルックスからは従来どおり、充分な熱量を感じ取れる。ひと目見ただけでGTIだとわかるし、眉をひそめられそうな乱暴さもない。走りを過度に期待させるほどでもなく、丁度いい仕立て具合だと思う。

 
最新試乗記

人気記事