【手に入る内に楽しみたい】フォルクスワーゲン・アップGTI 極小ホットハッチ復活

2020.03.15

シャシー性能を引き出して楽しめる

2018年当時、一般道でシャシーの性能を充分に引き出して楽しめた。それは、2020年でも変わりない。ボディは短く軽量だから、クルマの進行方向を変えるのも自由自在。

今回試乗してみると、サスペンションはわずかに柔らかくなったように感じられる。ボディの上下方向の動きは、少し落ち着きを増した印象だ。だが、英国郊外の国道を走らせていると、相変わらず車内は穏やかさに欠ける。

フォルクスワーゲン・アップGTI(英国仕様)
フォルクスワーゲン・アップGTI(英国仕様)

標準のアップのようにボディロールやピッチングが目立つわけではない。でも、路面の起伏が目立つ場所で速度を乗せていくと、以前のように活発に跳ねる。ボディロールは抑えきれず、グリップ力も平均より上、くらいだ。

同等サイズのライバル・ホットハッチの方が、より路面に強くしがみつき、機敏さも自然。だがアップGTIは限界領域でもクルマの状態をドライバーがしっかり感じ取れるから、多くの人が考えている以上に、攻め込んだ走りを楽しめる。

搭載する1.0Lの3気筒ターボエンジンは、中回転域でのパワー感に優れ、速く走らせたいという気持ちにさせてくれる。WLTP値へ適合されての再登場だが、元気さを削がれたわけではなかった。

1990年代の小さなロケットマシンのステアリングを握ったことがあるドライバーなら、もっと激しくエンジンが吹け上がるのを期待するかもしれない。フォルクスワーゲンは、デジタル的にも、サウンドの物足りなさを補強しようとは考えなかったようだ。

 
最新試乗記

人気記事