海外ニュース

2017.04.19

写真で確認 レクサスNX 2017年型、デザインを変更 走りと運転支援も充実へ(動画あり)

[編集部より]

レクサスは、上海モーターショーにて、新型NXを発表しました。デザイン変更、走りの熟成、安全運転支援の強化がポイントです。

新型レクサスNX、3つのポイント

・力強いデザインの進化
・走りのさらなる熟成
・「Lexus Safety System +」標準設定による安全運転支援の強化

それぞれを、以下の3つの項に分けておさらいしよう。

力強いデザインの進化

従来型のコンセプトは「Urban Sport Gear」。SUVのボディ形状に、スポーティさと力強さを融合させたことで、好評だったという。今回はそれを拡充させた。

エクステリアは、フロント・バンパーをより鋭く低重心な造形としたほか、スピンドルグリルをLX、RXとの共通性をもつレイヤー状のデザインとした。

また、三眼式のLEDヘッドランプは超小型LEDランプ・ユニットを採用している。

インテリアは、ヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)と一体化したメーター・フードや、シンプルかつ機能的なスイッチ配置としたセンター・クラスターなど、内装部品を刷新することで、高い操作性を実現。

また、10.3インチ・ワイド・ディスプレイや、新型リモート・タッチを採用。

両手がふさがっている状態でもバック・ドアの開閉が可能なキック・オープン機能付きパワー・バック・ドアなど新たな装備を採用し、利便性を向上させている。


next page走りのさらなる熟成

 
最新海外ニュース