海外ニュース

2017.06.19

スバルのアイサイトが進化! 新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を先行体験

[編集部より]

スバルが、新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を発表。高速道路の全ての速度で、ハンドル/アクセル/ブレーキを制御。実走レポートをお届けします。

text:Yasuhiro Ohto(大音安弘) photo:SUBARU

「アイサイト・ツーリングアシスト」とは?

スバルは、この夏発売のレヴォーグ/WRX S4への搭載を予告している先進安全運転支援システム「アイサイト」の新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」のメディア向け体験試乗会を実施した。


「アイサイト・ツーリングアシスト」は、高速道路(自動車専用道路)上の全車速でハンドル、アクセル、ブレーキを統合自動制御する運転アシスト機能で、ユーザーに「安心・安全に使え、疲れないクルマ」の提供を目指したものだ。

メカニズムはアイサイトVer.3と同様だが、

・全車速追従クルーズコントロール(ACC)
・アクティブレーンキープ

の2つの機能を組み合わせ、それぞれの機能を強化し、全車速対応することで、新機能を実現させている。具体的には、ACCの作動領域を0km/hから120km/hまで拡大。上限速度が高められているのは、近い将来に実現させる高速道路の上限速度向上に対応するためである。一方、アクティブレーンキープは、従来型の60km/h~100km/hに限定させていたものを、0km/h~120km/hまでの全車速対応に進化。さらに従来の白線認識による車線内維持機能に加え、0km/h~60km/hの領域での前走車認識による追従走行機能も追加している。
 

next pageココがスバル流 体験レポート

 
最新海外ニュース