ニュース

2018.08.24

インフィニティ・プロトタイプ10 2021年以降の電動化象徴 写真18枚

編集部より

インフィニティが、EVスピードスター「プロトタイプ10コンセプト」を発表しました。市販化の予定はありませんが、2021年以降電動ブランドとなるインフィニティの方向性を示すモデルです。将来の方針についても、情報が入りました。

もくじ

シングルシーターのスピードスター
市販化はなし
今後のモデルはダイナミクスを追求

シングルシーターのスピードスター

インフィニティはプロトタイプ10コンセプトを公開した。これは「電動パフォーマンスに対するインフィニティの創造的かつ野心的な計画の物理的象徴」だと説明している。

電動パワートレインによって駆動されるスピードスターコンセプトは、インフィニティが2021年以降電動のみのブランドに変化することを示している。過去のフォーミュラ1マシンのようなプロトタイプ9に引き続き、レトロなインスパイアを持つコンセプトカーだ。

ルーフレスのシングルシーターであり、リアに搭載されたモーターを運転席後方および助手席の位置に取りつけられたエアベントから取り入れた空気で冷却している。インテリアには運転席、4点式ハーネス、ペダル、小径ステアリングのみが取りつけられる。

ステアリング・バイ・ワイヤの採用によりステアリングコラムは不要となり、ホイールはカーボンファイバー製ストラットに直接取りつけられる。このデザインは今年デトロイト・モーターショーで公開されたQインスピレーション・コンセプトをベースとしたものだ。

 
最新海外ニュース