BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外ニュース

2018.08.30

VWに大打撃 WLTP導入、コスト1300億円以上 新燃費/排ガス基準で

編集部より

フォルクスワーゲンの試算によれば、9月1日に導入されるWLTPへの適合にかかるコストは10億ユーロ(約1300億円)以上。あたりまえですが無視できない金額です。ハイチューンのダウンサイジングエンジンや、極度の高性能ユニットを搭載したモデルにとって難しい局面です。

新基準への対応 1300億円以上

JC08モードやNEDC(新欧州走行サイクル)に代わる世界共通の新たなエミッション/燃費試験方法、WLTP(乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法)が、欧州では9月、日本でも10月から全面的に導入される。自動車メーカー各社は、その対応に追われている。

この新たな試験法はこれまでより現実的な走行テストも含み、個々のモデルや仕様による差が明確になると期待される。

9月1日以降に新車販売されるクルマは、この新基準をパスしていなければならない。これに適合できないと、再テストで適合するまで販売できなくなる。とりわけ厳しいのが、ハイチューンのダウンサイジングエンジンや、極度の高性能ユニットを搭載したモデルだ。

この新基準への対応は、多大なコストが求められる。その額10億ユーロ(1300億円)というのが、フォルクスワーゲンの試算だ。またメルセデス・ベンツは、すでに全車種のテストを完了したというが、その結果として今年後半の利益が低下することが予想されるとしている。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ