海外ニュース

2018.09.26

アストン マーティン初のSUV「DBX」 2019年発売 年販1万4000台めざす

編集部より

アストン マーティンはフェラーリ同様、2019年にも高級SUV市場へ参入します。クロスオーバーのコンセプトかーであるDBXの市販版となるそれは、前例のない販売拡大と利益を見込み、新工場まで建設してしまったという期待の星です。

もくじ

いよいよSUV市場参入へ
成長プランの核心となるDBX
市販モデルは4ドアに
電動パワートレインも積極導入
目指すは年販1万4000台
セカンドセンチュリープランの7台

いよいよSUV市場参入へ

アストン マーティンの再建は、その輝かしい歴史においても最も過激といえるモデルの投入でとどめを刺す。さらなる拡大の礎となるべきSUV、DBXだ。

コンセプトカーとしての登場は2015年のことだった。その開発はいまやほぼ完成の域に達し、およそ1年後には発表され、2020年初頭にも販売が開始される見込みだ。

DBXのライバルは、ランボルギーニ・ウルスやベントレー・ベンテイガ、ロールス・ロイス・カリナン、そしてこれまた待機中のフェラーリSUV。

スポーツカー専業で来たブランドにとっては最も物議を醸すジャンルのモデルだが、ベストセラーとなり、しかも最も大きな利幅を見込める可能性も秘めている。

実際、アストンはDBXのためにウェールズのセントアサンに新工場を建設。このことからも、この新型SUVに寄せる期待の大きさがうかがえる。

DBXはまた、アストン マーティンにとって株式公開後はじめてのブランニューモデルになる見込みだ。これは、昨年の黒字回復を受けて、この8月末に決定されたばかりだ。

こうした動きは長らく噂されていたが、近く時価総額の25%程度に当たる10億ポンド(1500億円)相当の株式を、ロンドン証券取引所に上場する。この新規株式公開で、アストンの評価額は50億ポンド(7500億円)ほどになり、時価総額100位に入ることになるとみられる。

参考までに2015年に株式公開したフェラーリの例を挙げると、1年後には150億ポンド(2250億円)へ倍増している。

next page成長プランの核心となるDBX

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ