海外ニュース

2018.10.08

イタリアの自動車メーカー ほとんどが創業者名に由来 例外2社も、由来は?

編集部より

日本やドイツと並ぶ自動車王国のイタリアのメーカーほとんどの名前が創業者の名前に由来してます。しかし例外の2ブランドも創業地の名前が社名に含まれています。フィアットやアルファ・ロメオにはじまり、デ・トマソ/パガーニ/チ・ゼータまで由来をまとめてみました。

もくじ

フィアット/アルファ・ロメオの由来
フェラーリ/アバルトなど
デ・トマソ/パガーニ/チ・ゼータ

フィアット/アルファ・ロメオの由来

日本やドイツと並ぶ自動車王国のイタリア。この国のメーカーは、2大ブランドを除いてほとんどが創業者の名前に由来している。だが、その例外の2大ブランドも、創業地の名前が社名に含まれている。

その例外のひとつが、現在のイタリア自動車界をまとめ上げているフィアット。いまや、かつてのアメリカ・ビッグ3のひとつであるクライスラーまで傘下に収めているが、その社名は「トリノにあるイタリア自動車製造所」を意味する、「Fabbrica Italiana Automobili Torino」の頭文字を取ったものである。

創業者はアニエッリ家なのだが、社名をアニエッリとしなかったのは興味深い。

もうひとつは、かつてはフィアットと並ぶ大メーカーだったアルファ・ロメオ。今は他のイタリア車メーカー同様フィアット傘下にあるが、その社名は「ロンバルダ自動車製造株式会社」を意味する、「Anonima Lombarda Fabbrica Automobili」の頭文字、A.L.F.A.が発祥。ロンバルダとは発祥の地ミラノ市のある「ロンバルディア州の」という意味だ。

そのA.L.F.A.社がニコラ・ロメオの興した会社と合併し、ALFA-ROMEOとなった。

next pageフェラーリ/アバルトなどの由来は?

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ