ニュース

2018.11.28

新型マツダ・アクセラ、画像10枚 圧縮着火エンジン搭載モデルも LAショー

編集部より

新型マツダ・アクセラが発表されました。画像10枚をご覧ください。SKYACTIV-Xエンジンのほかにも、従来型のガソリン・ユニット、ディーゼル・エンジン搭載車も登場するとレポートされています。

4代目アクセラ ハッチベックとセダン登場

新型マツダ3(日本名:アクセラ)の姿が明らかになった。

SKYACTIV-Xエンジンを搭載する初のモデル、つまり通常のガソリンユニットよりも環境性能が高くなる圧縮着火技術を採用してデビューすることになる。

ロサンゼルス・モーターショーでデビューした4世代目は、自然な姿勢が取れるシート、高剛性の環状ボディシェル構造、トランスミッションのラグ改善、NVHの対策を適用した最新のSKYACTIVビークル・アーキテクチャーを導入するのが特徴だ。

2.0ℓのSKYACTIV-Xエンジンについて、マツダは詳細を明かしていないが、今年始めの取材では低速走行時に燃費を30%改善すると明かし、さらに、実用燃費も20%向上が可能とマツダは主張している。

 
最新海外ニュース