アウディ 新型電動コンパクトSUV 2020年発表 MEBプラットフォーム使用

2018.12.21

サマリー

アウディはeトロンファミリーを構成するコンパクトSUVのコンセプトを来年公開します。製品版はeトロンGTと同じ2021年に販売される予定です。フォルクスワーゲンのI.D.シリーズにも採用される、グループのMEBプラットフォームを組み合わせています。

着々と進むブランドの電動化

フォルクスワーゲンのI.D.シリーズにも採用される、グループのMEBプラットフォーム。これを用いて開発される新しいコンパクトSUVはQ2とQ3の間の位置付けとなる。

今回のコンパクトSUVは2021年に販売され、その手頃な値段でアウディのトップセラーになるとわれわれは予想する。既に発表されたSUVのeトロン、eトロン・スポーツバック、そしてフラッグシップのeトロンGTとともにeトロンのラインナップを構成する。

アウディデザイン部門トップのマーク・リヒテによると、ショルダーラインやグリル、インテークなどのデザインはeトロンGTの流れを汲んでいると明かした。

アウディはEV用に複数のプラットフォームを使用するとみられる。eトロンとeトロン・スポーツバックにはMLBプラットフォームを採用し、eトロンGTはポルシェ・タイカンと同じJ1プラットフォームを採用する見通しだ。

アウディが電動コンパクトSUVにMEBプラットフォームを採用することで、同ブランドのミドルサイズやフルサイズSUVよりも手に入れやすくする狙いがある。

MEBプラットフォームはフォルクスワーゲン、スコダ、セアトなどのEVに使用され、グループ全体でかなりの売り上げを占めるだろう。

新たにリリースされる電動コンパクトSUVは邦貨約400万円から販売されると予想する。アウディは2025年までに電気自動車を12車種リリースすると昨年発表している。

これまでに判明したモデルに加え、今後5つのSUVが発表されると見られる。

 
最新海外ニュース

人気記事