海外ニュース

2019.01.15

実車 WRX STI S209 専用大径ターボ デトロイト・モーターショー

編集部より

WRX STI S209が、デトロイト・モーターショーに登場。北米マーケットではSシリーズ初のモデルとなります。現地から実車画像が届きました。

EJ25を専用チューン

スバルテクニカインターナショナル(STI)は、Sシリーズ初となる米国市場向けモデル「S209」を、デトロイト・モーターショーで発表した。

「S209」は、STIがWRX STIをベースにエンジンや足回りを専用開発。内外装にも専用装備を追加したモデルだ。米国向けSTIチューンドモデルとしては、昨年発売したWRX STIタイプRA、スバルBRZ tSに次ぐ第3弾となるが、STIコンプリートカーの最高峰Sシリーズは今回が初。

エンジンは米国仕様WRX STI専用のEJ25をベースに専用チューニングを実施。吸気系統には、専用の大型エアクリーナーや専用吸気ダクトを採用。吸気抵抗を抜本的に低減した効率的なエアインテークシステムを作り上げた。

また、専用開発の大径ターボチャージャーを採用。排気系にも大口径テールパイプを備えた専用設計低背圧マフラーを採用した。これらを専用ECUで制御することで、最高出力は歴代STIモデル最高となる341hp(開発目標値)を発揮。インタークーラーウォータースプレイを装備することで熱による性能低下を抑制するとともに、専用設計の鍛造ピストンや鍛造コンロッドの採用により、量産エンジンとしての信頼性も確保した。

next pageワイドフェンダーの専用ボディ

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ